logo

Bombardier社と中国のCDB Leasing 社、金融協力の覚書に署名

Toronto, Ontario, Mar 31, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、中国最大級のリース会社、CDB Leasing (CLC)社と覚書(MOU)を取り交わしたことを、本日発表しました。この覚書により、CLC社は、Bombardier CSeries, Q400およびCRJ航空機のお客様に、納機前支払い融資、納機時支払い融資、リースソリューションを提供できるようになります。Bombardier社航空機の国内外取引のために、最大38.5億米ドルの資金がCLCから融資可能になります。

Toronto, Ontario, Mar 31, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は、中国最大級のリース会社、CDB Leasing (CLC)社と覚書(MOU)を取り交わしたことを、本日発表しました。この覚書により、CLC社は、Bombardier CSeries, Q400およびCRJ航空機のお客様に、納機前支払い融資、納機時支払い融資、リースソリューションを提供できるようになります。Bombardier社航空機の国内外取引のために、最大38.5億米ドルの資金がCLCから融資可能になります。

「CLC社の金融リソースにより、中国や他の国の見込み客に、融資およびリースソリューションをお勧めする際のBombardier社の競争力が高くなります。」と、Bombardier Commercial Aircraft社社長Gary R. Scottは述べました。

「今日から、Bombardier社とCLC社にとって重要な新しいビジネス提携が始まります。覚書は、中国およびアジア太平洋地域でのビジネス拡大という長期目標を支えるものです。」と、Bombardier Aerospace社戦略・事業開発およびストラクチャード・ファイナンス担当副社長Mairead Laveryは述べました。

「CLC社とBombardier社は、特にBombardier社が提供しているような、最適化された航空機ソリューションを求めている航空会社と航空事業者の、ニーズを満たすことを常に目指していますので、この覚書は互恵的なものです。」と、CLC社会長Wang Chongは述べました。

概要: Bombardier社

同社は革新的な輸送ソリューション分野で世界をリードするメーカーであり、そのソリューションはリージョナル航空機やビジネスジェットから、鉄道輸送設備やシステムおよびサービスにわたっています。Bombardier社はカナダに本社を置くグローバル企業です。2009年1月31日締め会計年度の売上高は、197億米ドルで、株式はトロント証券取引所(BBD)で取引されています。Bombardier社は、Dow Jones Sustainability WorldおよびNorth Americaインデックスの、インデックス構成銘柄として上場しています。Bombardier社に関するニュースおよび情報は www.bombardier.com にあります。

編集者向け注記
Bombardier航空機の写真は、 www.aero.bombardier.com の"Media Centre"のセクションにあります。Bombardier、CRJ、CSeries、Q400は、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問合せ先:

Bombardier Aerospace
John Arnone
Tel: +1-416-375-3030

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。