logo

3G登場に伴い、W-CDMAマクロRAN機器の販売は2009年に59%上昇

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社の調査レポート「2G/3Gモバイルインフラと加入者(年4回出版)」は、モバイルインフラ機器と加入者市場の市場勢力図や有望分野について調査し、市場規模、市場シェア、市場予測を継続的に提供しています。

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、市場規模、市場シェア、予測を提供する調査レポート「2G/3Gモバイルインフラと加入者 - 調査レポート(年4回出版) ー 2G/3G Mobile Infrastructure and Subscribers:Quarterly Worldwide and Regional Market Size, Share, and Forecasts」の最新版を出版した。

[主席アナリストStephane Teral氏の注目点]
2009年にモバイルインフラ市場で起こった移行によって、世界の市場が3Gへ向かっていることや、すべてのセグメントで収益が落ちているにもかかわらず、W-CDMA RANは前年比59%上昇、パケットコア機器は7.4%上昇と成長していることから、3Gが主にW-CDMAベースになるということが明確になった。NTTドコモが最近、LTE対応、RRHベース、分散型W-CDMAアーキテクチャへと転換したように、アジアのキャリアはリモート無線ヘッドギアを増強しており、W-CDMAは更に加速している。3Gは、モバイル分野での注目技術であり、GSM以降の世界に急速に拡大している。


[WIMAX市場のハイライト]
●世界の2Gと3Gのモバイルインフラ市場(無線接続ネットワーク、モバイルスイッチングサブシステム、パケットコア、ホームロケーションレジスター機器などを含む)は、2008-2009年に9%下落し、509億ドルから465億ドルとなった
●W-CDMAとモバイルパケットコアセグメントは成長し続け、モバイルインフラ市場は2009年第3-4四半期にわずか1.6%の下落であった
●GSM機器の販売は2009年第3-4四半期に2.5%下落したが、2008年第4四半期と比べれば56%の下落であった。これは、インドの大規模なアップグレードが延期されたこと、アフリカ、中欧・東欧、ラテンアメリカの減速による
●既存のW-CDMAネットワークをスムーズにLTEにアップグレードし、高価なeNodeBsを回避する、リモートラジオヘッド機器の利用という新しいトレンドがある
●Ericssonは、NortelのCDMA部門を買収し、モバイルマクロセルRAN機器の市場シェアを拡大し、2009年40%を超えた
   ◎2009年暦年は、Nokia Siemens Networksが2位、Huaweiが3位であった


[調査レポートの概要]
この調査レポートは、RAN機器(基地局コントローラ、マクロセル・ピコセル受信基地局、リモートラジオヘッド)、モバイルスイッチングサブシステム機器(モバイルスイッチングセンタ、ソフトMSC、無線メディアゲートウエイ)、モバイルパケットコアネットワーク機器(GPRSゲートウエイサポートノード、サービングGPRSサポートノード、パケットデータサービングノード)、HLR機器の世界と地域毎の市場規模、市場シェア、市場分析、市場予測と、加入者数を記載している。


加入者数とほとんどの機器は、技術毎(GSM、W-CDMA、CDMA2000、TD-SCDMA、cdmaOne)に記載している。


調査対象企業は、Alcatel-Lucent、Apertio、Cisco (Starent)、Ericsson、GENBAND、HP、Huawei、Motorola、Nokia Siemens、Nortel、UTStarcom、ZTEなどである。


【調査レポート】
2G/3Gモバイルインフラと加入者 - 調査レポート(年4回出版)
2G/3G Mobile Infrastructure and Subscribers
Quarterly Worldwide and Regional Market Size, Share, and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 インフォネティクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

W-CDMA向けマクロ基地局機器-世界の収益予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]