logo

マイスペース上のUstream配信の楽曲利用について、JRCから利用許諾を受ける運用スキームを開始

SNS「MySpace」を運営するマイスペース株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 大蘿 淳司、以下 マイスペース)は、USTREAM(リンク)における音楽著作物の利用にかかるルール作りの第一弾として、L’Arc-en-Ciel、スピッツ、坂本龍一等をはじめとした多数の国内有力アーティストの音楽著作権を管理する株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(東京都渋谷区、代表取締役 荒川 祐二 以下、JRC)との間で、マイスペース上におけるUSTREAM配信の著作権使用許諾スキームをスタートいたしました。



日本でもUSTREAMの認知が高まっており、同時にUSTREAMを使って映像配信をする利用者が急増し「中継の中で音楽を使用したい」というニーズも多く上がってきております。
本来であればUSTREAM日本法人設立後に権利に関する協議を開始するところですが、ユーザーの熱いニーズにいち早く応えるべく、マイスペースではUSTREAM日本法人設立までの間、権利処理の代行を行うことといたしました。そして今回その第一弾として、「USTREAM上におけるJRC管理著作物の適正利用に向けた暫定許諾契約」を締結いたしました。

著作権の使用にかかる暫定許諾のポイントは以下の通りです:
・ 暫定契約期間は3ヶ月。延長、変更もあり。
・ JRCが管理する作品の中で権利者の同意があった作品について一般に広くリスト(ホワイトリスト)を公開する。当該作品をユーザーが自ら演奏したりすることについての著作権使用料は、当初マイスペースが支払うことで合意。
・ 著作権使用料などの条件については、引き続き協議の上定める。

また、今回の暫定期間中における最も大きな試みとして挙げられるのは、関係権利者の同意が得られている音源(CD音源など)にかかる著作隣接権の許諾についても、JRCが提供するホワイトリストの中で示すということです。このリスト記載の音源を使用することで、ユーザーはUSTREAMにおいて完全な適法な形で音楽を使用することができるようになります。
※ 注釈:CD音源などを一般のネットユーザーがネット上で配信使用する際は、レコード制作者などの著作隣接権者の許諾を得る必要があります。しかし現状では、使用したい音源の権利者を探し出すことすら困難であり、またその都度条件交渉をしなければならないなどの問題点があります。

第一弾のホワイトリスト( リンク )には、「スピッツ」「ホフディラン」「Sweet Vacation」「ムック」「坂本龍一」「浜田省吾」他、多岐に渡るアーティストの作品にかかる著作権の許諾が示されており、中でも「スピッツ」「ホフディラン」「Sweet Vacation」「ムック」らの作品は音源にかかる許諾も示されております。尚、このホワイトリストは随時更新されてゆくことが予定されており、今後もマイスペースはJRCや(社)音楽制作者連盟などの権利団体の協力を得ながら、USTREAMユーザーが安心して音楽を使用できる枠組み作りを共同で推進致します。

同時に、「MySpaceJapan上において、USTREAM中継を行う場合の音楽著作権利用の許諾」について、(社)日本音楽著作権協会(JASRAC)とマイスペースとの間で、既にマイスペースが各著作権管理事業者と締結している包括的許諾契約の中で処理する方向での合意に向け調整を進めています。

マイスペースは、JRCをはじめとする著作権管理事業者との、権利処理スキームに基づき、各種音楽番組を配信していく予定です。

【JRCについて】 リンク
JRCは、2002年4月より著作権等管理事業法に基づき、国内著名アーティストを始めとした多くの音楽作品の著作権(複製権とインタラクティブ配信に関連する権利)について管理事業を展開しております(文化庁登録番号:01011)。音楽配信においてますます重要になってくる各種情報の一元管理及び管理業務の円滑化などを推進することによって、アーティストの音楽創作活動を側面からサポートすることを目指しております。さらに、新しい音楽の利用形態における権利のあり方について迅速に対応することにより、著作権者を保護しながら、同時に著作物の利用の活性化を積極的に図ってまいります。

【マイスペースとは】  http://www.myspace.com/
「MySpace」は、2004年1月にアメリカでスタートしたオープン型のSNS。現在、登録ユーザー数2億人以上(ユニークユーザー約1億2,500万人)を有する世界最大級のSNSとなっており、日本を含む、27以上の国と地域、15以上の言語でサービスを展開しています。ユーザーは自由にカスタマイズが可能な『プロフィールページ』を軸として、動画や音楽などを使った多彩な自己表現を楽しんでいます。現在、全世界で数百万組を超えるアーティストや多くのクリエイターが、積極的にプロモーション活動を行っています。
日本では2006年11月に「MySpace Japan」をスタートしました。同年12月にアーティスト登録の受付を開始して以来、既に13万組以上のアーティストが参加しており、SNSとしては国内最大の登録アーティスト数となります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。