logo

(株)理経、PCサポートの大幅な効率アップを実現するBomgar社 PC遠隔操作サポートシステム「BomgarBox」の販売を開始

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳勝栄)は、Bomgar Corporation(本社:アメリカ、CEO:JOEL BOMGAR)と販売代理店契約を結び、効率的かつ安全なPC遠隔サポート環境を提供するアプライアンス製品「BomgarBox」を販売開始することを発表いたします。

 Bomgar社は、米国ミシシッピー州に本社を置く、アプライアンス・ベースの遠隔デスクトップ・ソリューションを開発・提供する会社です。問題がある現場に直接行かなくても、同製品を介したPCの遠隔操作(リモートコントロール)により、あたかもクライアント画面で操作しているかのようなサポートを実現し、効率的かつ安全な遠隔サポート環境を提供します。世界45カ国で使用され、全世界5,600以上を越すユーザーに使用されています。

 昨今、ウイルス感染、不正アクセスなど様々な問題が増加しており、それに伴う迅速な対応、問題に見合った効率的なIT人員の手配が求められています。
 「BomgarBox」は直接遠隔操作を行うことにより、技術的・地理的・時間的な障壁を克服し、即座に対応できるため、最も効率的なサポートを提供し、より低コストで問題解決が可能になります。

 「BomgarBox」の遠隔サポートは、専用ソフトウェアをインストールしたり、特別なファイアウォール設定をすることなくアクセスが可能となる使い易い製品です。さらにデータの
暗号化を加え、優れたセキュリティを提供します。また、Windows、Mac、LinuxのOSが
搭載されたPCやサーバーに仮想アクセスすることが可能です。さらにWindows Mobileや、今話題のスマートフォンなどのモバイル端末へもアクセス可能です。遠隔操作によって、クライアント サポートやスタッフ管理が劇的に変わり、効率アップにつながります。


【導入効果・特長】
●迅速な対応
・PCを直接コントロールしWebベースで遠隔操作によるサポートができるため、現場へ行く時間を短縮し、出張のコストも削減
・クライアントとチャットによるサポートが可能
・クライアントセッション転送により情報を共有し、初回サポートでの解決率が向上

●セキュアな対策
・アプライアンス・ベースのため、オンサイトで配備でき、導入が安全・簡単
・サポートセッションのログを記録し、Flashで手順を記録
・セキュアな診断ツール、ファイル転送機能

●管理が容易
・LDAP、RADIUSと連携が可能
・BMC Remedy Service Desk(※1) と連携が可能
・クライアント環境の再起動・再接続機能

(※1:BMC社のインシデント管理から問題管理までの解決方法をサポートが可能なソフトウェアです)

●処理能力が向上
・タブ インターフェイスにより複数のセッションを同時にコントロール
・マルチ プラットフォーム対応 – Windows、Mac、Linux、Windows Mobile
・コマンド ライン インターフェイスでネットワーク デバイスをコントロール
・有人・無人のリモート コンピュータをサポート

 Bomgar社「BomgarBox」は、企業、官公庁および大学の情報システム部門のヘルプデスクとして、また、ソフトウェア会社やシステムメーカーなどのユーザーサポートとして、
さまざまな場面で利用可能と考えられます。
 理経は今後、大企業をはじめ、様々な分野の情報システム部門への販売活動を行い、
初年度30社の導入を目指します。
初期費用:1,013,000円 ~


【Bomgar社について】
 Bomgar社は、2003年に設立され、米国ミシシッピー州リッジランド市に本社を置く、
アプライアンス・ベースの遠隔デスクトップ・ソリューションを提供し、効率的かつ安全な遠隔サポート環境を提供する会社です。
世界45カ国で使用され、全世界5,600以上を越すユーザ―に使用されております。
メーカーURL: リンク

※記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


【問い合わせ先】
株式会社 理経
URL:リンク

本件について:サポート技術部 鴫田(しぎた)
TEL:03-3345-2147(ダイヤルイン)
E-mail:shigita@rikei.co.jp

営業全般について:企画開発部 内山
TEL:03-3345-2180(ダイヤルイン)
E-mail:uchiyama@rikei.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。