logo

「一番くじ」専用モバイルサイト「一番くじ倶楽部」会員数100万人突破!

シリーズ累計128作品を展開する“ハズレなしのスピードくじ”「一番くじ」
専用モバイルサイト「一番くじ倶楽部」会員数100万人突破!




 バンダイナムコグループのバンプレストの運営する“ハズレなしのスピードくじ”「一番くじ」の専用モバイルサイト「一番くじ倶楽部」(リンク)は、3月5日をもって会員数が100万人を突破しました。


■「一番くじ」とは
 「一番くじ」とは、複数等級からなる“ハズレなしのキャラクターくじ”で、全国のコンビニエンスストアを中心に、シリーズ累計128作品(2010年3月現在)を展開している人気シリーズです。買い物ついでに遊べる手軽さと、当社が強みとするキャラクターマーチャンダイジングを活かした魅力的でバリエーション豊かな商品が多くのユーザーから支持され、事業を開始して以来、着実に拡大してまいりました。

■「一番くじ倶楽部」とは
 「一番くじ倶楽部」とは、「一番くじ」と連動した会員登録無料の専用モバイルサイトです。
 ユーザーは、お気に入りの新商品入荷情報をオンタイムで取得でき、欲しい商品の取扱店舗検索機能を利用して購入の機会を逃さず商品を手に入れることができるほか、最新商品を紹介する情報コーナーや限定賞品が当たる「ダブルチャンスキャンペーン」などのコンテンツで「一番くじ」をさらに楽しむことができます。
 取扱店舗に対しては、上記機能により顧客への導線をつくり、お店に誘導する機会をつくることができる内容となっています。

 2006年3月にサービスを開始して以来4年間で、会員数が100万人を突破し、1日平均60万ページビュー 、商品発売時には120万ページビュー以上のサイトに成長しました。
 商品の口コミコーナー「みんなのプチコメ」ではユーザーが商品への感想、店舗情報等を書き込み、1アイテムあたりの平均コメント書き込み数は約2,000件にのぼります。
 「○○店ではA賞がまだ残っている」「只今、○○を手に入れました!」などのコメントを通して会員同士が情報交換する場として機能しています。

 また、当社は、「一番くじ倶楽部」を利用したアンケートによるユーザーの意見と希望を次の商品企画に反映させることで、更に魅力的な商品つくりに取り組むとともに、今回の会員数100万人突破を受けて、より一層のサービス提供に努めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。