logo

坂本冬美「また君に恋してる」演歌歌手として初の着うたフルデイリーチャート1位獲得!!CDも急上昇でトップ10入り!

株式会社EMIミュージック・ジャパン 2010年03月23日 17時55分
From PR TIMES

2009年1月の発売以来ロングヒットを続けている坂本冬美の「また君に恋してる」が2010年3月19日付の「レコチョク 着うたフルデイリーチャート」で初の1位を記録しました。
この楽曲は2008年11月から焼酎“いいちこ日田全麹”のTVCMソングとしてオンエアされ、問い合わせが殺到、翌年1月発売のシングル「アジアの海賊」のカップリング曲として収録されました。その後、配信を中心に演歌歌手・坂本冬美のファン以外の着うた世代の若年層も巻き込み、着実にセールスを伸ばしていきました。
3/19、TBS系列『中居正広の金曜日のスマたちへ』に坂本冬美がゲスト出演、故忌野清志郎氏(享年58)との強い絆が今の坂本冬美を支えてくれているというエピソードが多くの視聴者の心に響き、その結果が今回の1位獲得の大きな要因とかんがえられます。
反響は今も続いておりCDも、3/29付オリコンシングルランキングで9位にランクイン!21年ぶり通算2作目のトップ10入りとなりました。配信、CDともにロングセラーを続けている「また君に恋してる」に今後もご注目下さい。




報道媒体各位
2010年3月23日
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
坂本冬美 演歌歌手として初の着うたフルデイリーチャートで1位獲得!!
~「また君に恋してる」配信45万DL突破!CDもランキング急上昇でトップ10入り!~
----------------------------------------------------------------------------------------------------

2009年1月の発売以来ロングヒットを続けている坂本冬美の「また君に恋してる」が2010年3月19日付の「レコチョク 着うたフル(R) デイリーチャート」で初の1位を記録しました。

この楽曲は2008年11月から焼酎“いいちこ日田全麹”のTVCMソングとしてオンエアされ、問い合わせが殺到したことを受けて2009年1月発売のシングル「アジアの海賊」のカップリング曲として収録されました。
その後、着うた(R)、着うたフル(R)等の配信を中心に、演歌歌手・坂本冬美のファン以外の着うた(R)世代の若年層も巻き込み、着実にセールスを伸ばしていきました。

2009年10月には同曲を中心に70~80年代のせつないラブソング全12曲を収録した初のカバーアルバム『Love Songs~また君に恋してる~』も発売。この頃から、「また君に恋してる」にさらに注目が集まり、遂にこの楽曲で昨年末の紅白歌合戦出場と日本レコード大賞 優秀作品賞受賞を果たしました。また、その反響が「レコチョク 着うたフル(R) デイリーチャート」2/16付3位にという大ブレイクにつながりました。
その後もテレビ出演を中心にこの楽曲をお聴きいただく機会は増え、TVで坂本冬美の楽曲を知った子供から両親の世代、その両親の世代へと家庭内の話題といった相乗効果もあり、幅広い世代を巻き込んだロングセラーとなりました。

2010年3月19日、TBS系列『中居正広の金曜日のスマたちへ』に坂本冬美がゲスト出演、故忌野清志郎氏(享年58)とのエピソードが紹介されたことをきっかけにダウンロード数が飛躍的に伸び、今回の「レコチョク 着うたフル(R) デイリーチャート」1位を獲得できたと思われます。
番組内で紹介された坂本冬美のブログのコメント『あなたの影響を受けたアーティストは大勢いるでしょう。そして私も間違い無くその一人です。偉大なカリスマの歴史に、少しだけ参加出来た事は私の最大の誇りでした。』(「冬美だより」2009/5/7)とある通り、冬美にとって故忌野清志郎氏の存在はあまりに大きすぎました。
23年前 デビュー直後の坂本冬美に声をかけ、アルバム参加、細野晴臣氏とともに結成されたHISへの参加など、ヴォーカリストとしての新たな道を拓くきっかけをくれた忌野清志郎氏。二人の強い絆が今の坂本冬美を支えてくれている事実が多くの視聴者の心に響き、その結果がこのチャートUPの大きな要因のひとつと考えられます。

反響は週明け以降も続いており、3/23現在、レコチョク主要5部門のデイリーチャートでは主要5部門全てでトップ3入り!
CDも、オリコンデイリーランキング(3/20付)でシングル「また君に恋してる」が3位という本人最高位のランクイン、3/22発表の3/29付オリコンシングルランキングでは先週の17位から急上昇し、9位にランクインしました。これは、坂本冬美のシングル・アルバムを通じて21年ぶり通算2作目のトップ10入りとなります。
配信、CDともにロングセラーを続けている「また君に恋してる」に今後もご注目下さい。


【ご参考】レコチョクでの主なチャート推移(デイリーチャート)  *月日は集計期間です。
~主要5部門で再度トップ3入り!~
■着うたフル(R) 3/18(20位)→3/19(1位)→3/20(2位)→3/21(4位)→3/22(2位)
■着うた(R)   3/18(28位)→3/19(4位)→3/20(4位)→3/21(5位)→3/22(3位)
■RBT(待ちうた) 3/18(13位)→3/19(2位)→3/20(3位)→3/21(4位)→3/22(2位)
■ビデオクリップ 3/18(57位)→3/19(2位)→3/20(3位)→3/21(6位)→3/22(2位)
■着信メロディ 3/18(18位)→3/19(2位)→3/20(2位)→3/21(3位)→3/22(2位)


【現在の状況】 2010年3月18日(木)現在
■シングル「また君に恋してる」(2009/01/07発売)  出荷総数 12万枚
■配  信「また君に恋してる」(2008/11月配信開始) ダウンロード総数45万
■アルバム『Love Songs~また君に恋してる~』(2009/10/07発売)出荷総数 9万枚

【坂本冬美について】
1967年3月30日和歌山生まれ。1987年3月東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)よりデビュー
個性的な歌声と豊かな歌唱力で幅広い支持を集める。忌野清志郎(故人)、中村あゆみ等多くのロック、J-POP系のアーティストからもリスペクトされている。
19歳の時 NHK『勝ち抜き歌謡天国』に出場。この番組で審査員だった恩師 猪俣公章との出会いをきっかけに上京。1年の内弟子を経て1987年“あばれ太鼓”でデビュー。類まれなる歌唱力と独特の声が高い評価を得て数々の新人賞を受賞。その後も“祝い酒”(1988年)、“夜桜お七”(1994年)等数多くのヒット曲を発表。21回の紅白歌合戦出場を誇る。2009年に発売した「また君に恋してる」が現在ロングヒット中。
■EMIミュージック・ジャパン坂本冬美アーティストページ    
リンク
■坂本冬美シングル「また君に恋してる/アジアの海賊」
C   D:TOCT-40241  1,200円(税込) 2009年01月07日発売
カセット:TOST-40241  1,200円(税込) 2009年01月07日発売

■坂本冬美アルバム『Love Song ~また君に恋してる~』
C   D:TOCT-26891  3,000円(税込)  2009年10月7日発売
カセット:TOTT-26891  3,000円(税込)  2010年2月24日発売

収録曲:タイトル(オリジナル発売年/オリジナルアーティスト)
1.また君に恋してる(2007年/ ビリー・バンバン) 作詞:松井五郎 作曲:森正明- “いいちこ日田全麹”TVCM曲
2.恋しくて(1990年/BEGIN) 作詞・作曲:BEGIN
3.あの日にかえりたい(1975年/荒井由実) 作詞・作曲:荒井由実
4.会いたい(1990年/沢田知可子) 作詞:沢ちひろ 作曲:財津和夫
5.言葉にできない(1982年/オフコース) 作詞・作曲:小田和正
6.恋(1980年/松山千春) 作詞・作曲:松山千春
7.夏をあきらめて(1982年/サザンオールスターズ) 作詞・作曲:桑田佳佑
8.シルエットロマンス(1981年/大橋純子) 作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお
9.片想い(1978年/浜田省吾) 作詞・作曲:浜田省吾
10.なごり雪(1975年/イルカ) 作詞・作曲:伊勢正三
11.時の過ぎゆくままに(1975年/沢田研二) 作詞:阿久悠 作曲:大野克夫
12.大阪で生まれた女(1979年/BORO) 作詞・作曲:BORO
13.【Bonus track】また君に恋してる duet with ビリー・バンバン

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。