logo

【レポート販売】「ITを活用した『効果的な女性の健康・生活支援』」

~女性特有の多様な健康・生活課題を支援するこれからのビジネス~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田 佳夫 東京都台東区)が提供する「ITを活用した『効果的な女性の健康・生活支援』」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成22年3月16日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ITを活用した『効果的な女性の健康・生活支援』」を販売開始

~女性特有の多様な健康・生活課題を支援するこれからのビジネス~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田 佳夫 東京都台東区)が提供する「ITを活用した『効果的な女性の健康・生活支援』」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 資料概要 ■■

◇女性の健康と生活を支援する注目ネットビジネス14件を取材!
◇会員数急増中!モバイルで支援する女性の健康・生活!
◇事業コンセプト、ビジネスモデル、課題と対策、将来展望を探る!

総務省が発表した平成21年「通信利用動向調査」の調査結果によると、我が国のインターネット利用者数は2009年1月時点で9,091万人となり、インターネット人口普及率は75.3%となりました。年代別にみると13歳~40歳代までのインターネット個人利用率が9割を超え、ブロードバンドの普及による常時接続のインフラ整備やパソコンの低価格化、携帯電話・PHSの普及(平成20年は契約数1億1302万5000件)など、誰もがインターネットから情報を得る環境が整いつつあります。

また、インターネット利用経験の有無を男女別・世代別にみると、20~39歳でインターネットの利用経験は女性が男性を上回っており、仕事や妊娠・出産・育児といった多様・多忙な女性たちが自身のライフスタイルをサポートする情報源のひとつとしてITを積極的に活用し、専門家や他者との情報交換、悩みや問題をインターネット上で検索して自己解決を図る等の傾向がみられます。

2000年頃に台頭した女性向けの健康・生活支援サイトは、インターネットの普及にともなって会員を獲得しながら堅調に推移しており、ここ数年ではPCからモバイルに主流を移行しつつ、市場を拡大しています。
今後は、労働人口の減少や団塊世代の退職、経済不況等を背景に女性の社会進出がさらに加速すると予測され、国や自治体、企業において働く女性の健康・生活支援のための環境整備が急務となるでしょう。

本稿では、女性を取り巻く多様な健康・生活課題を支援するインターネットビジネス14件(計13社)についてヒアリング調査を実施し、事業におけるコンセプト、ターゲット設定、ビジネスモデル、マーケティング戦略、取り組むべき課題や今後の方向性を調査しました。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
アイチケット、エキサイト、STC、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、エムティーアイ、オウケイウェイヴ、主婦の友インフォス情報社、セブンスディー、バズラボ、ぱど、ブライト・ウェイ、ブレードコミュニケーションズ、ベネッセホールディングス (50音順)

【調査方法】
ヒアリング調査

【調査項目】
総括/調査結果一覧
【1】  企業概要
【2】  サービスの沿革・変遷
【3】  コンセプト/サービス概要/開始の経緯
【4】  ターゲット層/導入規模
【5】  サービス体系/主な機能/コンテンツ
【6】  料金体系
【7】  サービスの特徴/強み
【8】  ビジネスモデル(図解)
【9】  運営方針/営業・販売戦略/目標
【10】 課題と対策
【11】 ユーザー動向
【12】 今後の展開
【13】 市場に対する見解


■■ 目次 ■■

はじめに
調査概要

第1章総括
 1.総括
   (1)市場の現状
   (2)女性を対象としたサイトによる健康・医療・生活支援ビジネスモデル
   (3)女性支援サイトの課題
   (4)今後の方向性
 2.ビジネスモデルとユーザーアプローチ
 3.不妊・妊娠・出産・育児支援サイトの動向
 4.健康管理・体調管理支援サイトの動向
 5.美容関連サイトの動向
 6.女性の悩みの解決、癒し、生活支援サイトの動向
 7.コンテンツ市場の動向
   (1)インターネットの普及と利用者推移
   (2)インターネット利用端末の種類における要素
   (3)インターネットの利用目的
   (4)モバイル市場

第2章調査結果の一覧
 1.掲載企業/サービス一覧
 2.サービス概要
 3.コンセプト/訴求点
 4.サービス開始の経緯/着眼点
 5.リソース/事業要素
 6.ターゲット層/規模
 7.プロモーション戦略
 8.主な収益形態/今後の方向性
 9.課題と対策
 10.今後の展望
 11.市場に対する見解

第3章インターネットビジネスモデル個票編
【1】不妊・妊娠・出産・育児支援サイト
 1.バズラボ「ジネコ」
 2.ぱど「まみたん」
 3.ブライト・ウェイ「こそだて」
 4.ブレード・コミュニケーションズ「聞きたい★産婦人科」
 5.ベネッセホールディングス「ウィメンズパーク」

【2】健康管理・体調管理支援サイト
 6.エキサイト「Woman★からだナビ」
 7.エムティーアイ「ルナルナ★女性の医学」
 8.オウケイウェイヴ「kikimimi[キキミミ]」
 9.主婦の友インフォス情報社「オンナの家庭の医学」

【3】美容関連サイト
 10.STC「きれいサポート」
 11.ぱど「BeYOU」

【4】女性の悩みの解決、癒し、生活支援サイト
 12.アイチケット「アイチケット広場」
 13.NTTコミュニケーションズ「myLifeStyle」
 14.セブンスディー「恋人・夫婦仲相談所」


■■ 資料概要 ■■

資 料 名:ITを活用した『効果的な女性の健康・生活支援』
発 刊 日:2010年2月2日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 167ページ
頒   価:
■書籍版  99,750円(本体価格95,000円、消費税4,750円)
*各別途送料500円

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]