logo

Sandvine、Cisco、Allotがリードして急速に成長しているスタンドアロンのディープパケットインスぺクション(DPI)市場

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は出版レポート「サービスプロバイダのディープパケットインスぺクション(DPI)製品(年1回出版)」のプレスリリースにおいて、世界と地域毎のサービスプロバイダのDPI製品市場は、2013年までに世界で15億ドルに達するとの予測結果を発表しました

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社の市場概観調査レポート「サービスプロバイダのディープパケットインスぺクション(DPI)製品(年1回出版)」は、スタンドアロンのDPIソリューションとベンダの市場シェアと予測を提供している。


[主任アナリストShira Levine氏の注目点]
ディープパケットインスぺクション技術に関する最近の議論にもかかわらず、オペレータは、DPIが、高度ネットワークセキュリティや付加価値サービス、法的なコンプライアンス、ターゲット広告などの運用上の多くの利点があるツールであると理解するようになっている。インフォネティクスリサーチ社は、ディープパケットインスぺクション製品市場は、アジアで長期間の力強い成長が続き、2013年までに世界で15億ドルに達するだろうと予測している。


[DPI市場のハイライト]
●Sandvineは、世界最大のスタンドアロンDPI製品の収益を誇り、Cisco、Allotと続く
●DPI市場では、大規模な機器プロバイダがDPIポートフォリオを完成するために、小さい独立系のDPIベンダを合併するなどのM&Aの動きが進んでいる
●多くのサービスプロバイダが、自社のネットワーク環境をスタンドアロンDPIと統合DPIの組合せにしようとしている。スタンドアロンDPI製品をネットワークのコアに置き、統合型のDPI機能をアクセスポイントに置くというようなやり方であう
●DPIベンダは、オペレータが、特別な加入者やサービスのために、プライバシー問題やトラフィック管理を向上するため、ますますポリシー管理サプライヤとの連携を深めるだろう


[調査レポートの概要]
この調査レポートは、スタンドアロンのディープパケットインスペクション製品の市場規模、ベンダの市場シェア、予測、詳細な分析を提供している。調査しているベンダは、Allot、Arbor、Bivio、Cisco、CloudShield、Procera、Narus、NIKSUN、Sandvine、Qosmosである。調査対象地域は、北米、EMEA(欧州、中東、アフリカ)、アジア太平洋、CALA(中南米)で、世界の総計と市場シェアを記載している。
調査レポートには、カスタマイズできるピボットテーブル、カスタマーウイン、スペインのRとYoigo、韓国のKorea Telecom Freetel、Utimaco、Sandvine、Optenet、Allot、Camiant、HP、Procera、CloudShield、Bivio Networks、Qosmosなどのサービスプロバイダとベンダの発表資料も含まれている。


【調査レポート】
サービスプロバイダのディープパケットインスぺクション(DPI)製品 - 市場概観調査レポート(年1回出版)
Service Provider Deep Packet Inspection Products Market Outlook
Worldwide and Regional Market Share, Size, and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 インフォネティクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ディープパケットインスペクション(DPI)製品2010年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]