logo

燃料電池自動車(FCV)の販売は2020年に280万台に

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が燃料電池自動車の市場を調査した「燃料電池自動車市場調査:小型自動車、中型/大型トラック、バス、水素給油インフラ
Fuel Cell Vehicles : Light Vehicles, Medium/Heavy-Duty Trucks, Transit Buses, and Hydrogen Refueling Infrastructure」を出版

水と熱以外はゼロエミッションを特徴とする燃料電池自動車は、今後10年以上の自動車にとっての最大の出来事であると喧伝されている。現在は、数百台規模の一群の燃料電池自動車であるが、今後は商用車への燃料電池の利用が増加し、数年後には軽自動車の燃料電池自動車が商用発売されるだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「燃料電池自動車市場調査:小型自動車、中型/大型トラック、バス、水素給油インフラ ー Fuel Cell Vehicles:Light Vehicles, Medium/Heavy-Duty Trucks, Transit Buses, and Hydrogen Refueling Infrastructure」は、 2014年には世界の多くの地域で燃料電池自動車が発売され、燃料電池の乗用車とトラックの2020年までの累積出荷台数は280万台を上回るだろうと予測している。

「燃料電池自動車は、自動車産業にとって、とらえどころのない目標であるが、商用化は目前である。大規模な自動車メーカーの実質的な支援と、ガス会社や政府の圧力によって、この新しい市場を支える水素補給インフラが利用可能になってきた」とパイクリサーチ社の産業アナリストDave Hurst氏は語る。ダイムラーAG、GM、本田技研、現代自動車、トヨタ自動車の5社の主要な自動車メーカーが、FCVプログラムのリーダーであるとのことである。

パイクリサーチ社は、燃料電池自動車の販売では西欧が最も進んだ市場で、世界市場の37%のシェアを占め、次はアジア太平洋地域の36%であるだろうと予測している。北米の燃料電池自動車販売は、2014-2020年の間は、世界の販売数の25%程度であるだろう。パイクリサーチ社は、燃料電池自動車による収益は、2020年まで毎年239億ドルに達するだろうと予測している。

この調査レポートは、燃料電池技術の現在の状況と、軽自動車、中型・大型トラック、バスなどの商用化に向けた動向を分析している。燃料電池自動車の燃料電池技術、燃料水素、主要牽引要因、世界の研究開発費や燃料電池の輸送バス、燃料電池の軽自動車製造と販売、燃料電池自動車の収益の世界市場の詳細な予測、主要な企業のプロフィールを記載している。

【調査レポート】
燃料電池自動車市場調査:小型自動車、中型/大型トラック、バス、水素給油インフラ
Fuel Cell Vehicles : Light Vehicles, Medium/Heavy-Duty Trucks, Transit Buses, and Hydrogen Refueling Infrastructure
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。