logo

モバイルネットワーク

RAN、バックホール、コアネットワーク無線インフラの市場概観

2009年は、モバイルネットワークインフラのある種の分水嶺となった年であった。3G技術の出荷数が2Gに追いつき、世界の発展途上の国々でデータキャパシティがひっ迫したことで、その存在を知らしめた。2009年の財政危機と暗い経済環境のなかで、オペレータが世界の多くの地域で支出を削減し、モバイルネットワークの成長を妨げた。同時に、中国やインドのような成長の見込まれる市場では、2009年の1年間の支出の大部分を堅持した。またこれは、無線市場が、新しいデバイス、アプリケーション、サービスに対処し、4G革命の用意をする時間といえよう。
この調査レポートは、2009年の無線インフラストラクチャ市場全体を調査し、主要な分野を描き出している。GSM、WCDMA、CDMA、WiMAX、LTE技術の市場全体を調査し、無線アクセス、バックホール、コアネットワークインフラと、無線接続インフラも調査している。さらに、フェムトセル、ビル内のネットワーク、管理サービス、世界のスペクトルの概要も提供している。

【調査レポート】
モバイルネットワーク:RAN、バックホール、コアネットワーク無線インフラの市場概観
Mobile Networks : RAN, Backhaul, and Core Network Wireless Infrastructure Market Overview
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。