logo

梨花さんが夜の街並をラグジュアリーな馬車で走る ディズニー・モバイル 新テレビCM「Princess Magic」篇 3月5日(金)から全国で放映開始

 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒、社長:ポール・キャンドランド、以下、ディズニー)は、ディズニー・モバイルの新機種 「DM005SH」の発売に伴い、新しいイメージキャラクターにモデルとして活躍中の梨花さんを起用したテレビCM「Princess Magic」篇を、3月5日(金)から全国で放映開始します。



■テレビCMについて
 ディズニー・モバイルの新コンセプトは「大人の女性の生活を彩る携帯電話に」という気持ちを込めた、「大人ディズニー 魔法モバイル」です。ディズニーブランドの世界観を持ちながら、大人の女性が手にした際にラグジュアリーさを感じられる携帯電話にしたい、という想いから「大人ディズニー」を。また、その携帯電話に入っているコンテンツやサービスにより、大人の女性の生活に彩を与えたいという想いから、「魔法モバイル」を。
 そんな2つの想いから「大人ディズニー 魔法モバイル」というコンセプトが生まれました。
 この新コンセプトのもと、今回のテレビCMでは、ディズニー・モバイルが大人の女性の生活に彩を添えることを、携帯電話の着信をきっかけにドラマチックにラグジュアリーな世界へ誘われる、というストーリーで表現しています。
 CMタレントには、幅広い年齢層の女性から憧れの存在として、リスペクトされている梨花さんを起用。大人の魅力あふれる演技で「大人ディズニー 魔法モバイル」の世界観を表現しています。また、CMに使用している楽曲「ビビディ・バビディ・ブー(Bibbidi-Bobbidi-Boo)」は、映画「シンデレラ」でフェアリー・ゴッドマザー(妖精)の登場シーンで使用された、アカデミー賞にノミネートもされた大ヒット曲です。今回、生オーケストラの演奏による大人っぽくラグジュアリーなワルツ
調のアレンジを施し、テレビCM全体で、ディズニーの世界観と大人っぽいラグジュアリーさを両立させました。

■テレビCM撮影エピソード
 1月中旬、タクシーや土砂を運びこんで作ったジャンプ台、本物の馬などがセットされた巨大なスタジオでCM撮影が行われました。スタジオ内にもかかわらず最低気温0度という極寒の中での撮影でした。
 スーツからドレスへ変身するシーンでは、梨花さんは露出の多いチューブトップ姿になり、休憩中も使い捨てカイロで寒さを凌いでいましたが、監督から本番の掛け声がかかると、寒さを全く感じさせない迫真の演技を見せてくれました。ワンショルダーのルビーレッドのロングドレスで登場した梨花さん。大人っぽい、けれども可愛らしい梨花さんの魅力が一層引き立てられていました。
 今回の撮影のためにオリジナル製作の馬車を特別に用意。全体を高級感のあるシルバー色で加工し、ファーを取り付けたり、雰囲気のあるランプを設置したり、あらゆるところにDM005SHの特徴
であるラインストーンをふんだんに散りばめるなどしたこだわりのこの馬車を見たとたん、梨花さんは「かわいいー!」と大興奮していました。

CMの見どころは“変身”シーン
 このテレビCMの一番の見どころは、ゴージャスさを一層引き立てるCGによる“変身”シーンです。CG制作のために同じシーンでも少しずつ違う衣装を身にまとい、何度も撮影しました。正午から明け方3時までという長時間の撮影を、梨花さんは疲れを一切みせず、終始笑顔で撮影が行われました。
 撮影した素材を元に、約1ヶ月かけてのCG・合成作業を行い、見事に「大人ディズニー 魔法モバイル」を体現するテレビCMが完成しました。

■放映概要
放映開始 3月5日(金)より
エリア   全国(15秒バージョン×1パターン、30秒バージョン×1パターン)
「Princess Magic」篇15秒
「Princess Magic」篇30秒

■新イメージキャラクター プロフィール
【梨花(りんか)】
1973年5月21日生まれ、東京都出身 O型

<メディア情報>
【TV】 NTV「週末のシンデレラ 世界!弾丸トラベラー」
【雑誌】 宝島社「Sweet」をはじめ、各女性ファッション誌
【CM】 花王「エマール」 カンロ「ピュレグミ」
【写真集】 Fashion Book「Rinka」 「SWEET SEASON」

●本書に記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
●SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク
株式会社の登録商標または商標です。
●Disney WebやDisney Web上のコンテンツのご利用には別途通信料がかかります。

◆ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社について
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(米国本社)は、1959年に現地日本法人
を設立し、日本市場に本格参入しました。2000年4月に日本国内の複数の
関連子会社を統合、2002年8月にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社に
社名変更し、東京ディズニーリゾートとディズニーストア以外のディズニー
ビジネスを日本で管轄しています。米国本社のメディア・ネットワーク、パーク
&リゾート、スタジオ・エンターテイメント、コンシューマ・プロダクツ、インタラ
クティブ・メディアの5部門に対応する形で、日本において多角的な事業を
展開しています。

※クレジット表記のお願い:画像をご掲載の際は、(C) Disneyをご記載下さいますようお願いいたします。
(「人生ゲーム ディズニー版」については、(C)Disney (C)2009 Hasbro.All rights reserved. (C) TOMY をご記載ください。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。