logo

Gumblar(ガンブラー)対策ソリューションを提供開始

-お客様の業務・環境に応じた対策をセキュリティ専門スタッフが提案-

 株式会社日立情報システムズ(執行役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、Webサイトへの感染被害が続いているGumblar(ガンブラー)ウイルスへの対策を講じるソリューションサービスを、本日より開始いたします。
 日立情報が開始するGumblar対策ソリューションの特長は、セキュリティ対策の経験が豊富な専門スタッフがお客様の業務内容やIT環境に適したGumblar対策を提案し、必要なソフト・サービスを選んで提供する点です。また、Gumblarウイルス対策専用の相談窓口を設けてお客様の悩みや相談を受け付けるほか、Gumblar対策以外のセキュリティ対策も含めトータルにサポートいたします。

 Gumblarウイルスを原因とするWebサイトの改ざんが多くの企業で発覚し、大勢のWeb閲覧者のPCをウイルス感染させる事例が多発しています。日立情報では、情報セキュリティ対策の様々な課題にワンストップで応えるセキュリティソリューション「SHIELD」を展開してきたノウハウを活かし、「SHIELD」の各種サービスから最適なGumblar対策を提案いたします。本ソリューションでは、セキュリティの専門スタッフによるコンサルティングサービスも提供しますので、Gumblar対策だけでなく、長期的な視点でのお客様のセキュリティ環境の構築支援が可能です。


 日立情報では本ソリューションの開始に伴い、Gumblarウイルス対策に対する専用の相談受付窓口を設け、「なにから着手すべきかわからない」「対策はしているが有効かどうか検証したい」などのお悩み、ご相談をお受けします。また、Webコンテンツ公開者やWebサーバ管理者からのGumblarに対するご相談も承ります。
 今後、日立情報では、既存のお客様及びセミナー来場者、専用相談窓口相談者を中心に2010年度(2011年3月)末までに、50社へのソリューション提供を目指します。




【Gumblar対策ソリューションのラインアップ】


 Gumblarウイルス及び亜種に対して、クライアントPCでの対策強化やWeb閲覧における予防など、複数の製品の組み合わせによる多段的な対策をご用意しています。またWeb管理者様に対しても、Webページの改ざんチェック対策から脆弱性の診断まで、セキュアな環境構築をサポートします。


(1)社内ユーザへの対策例


■Web閲覧での感染対策 ⇒ 「Webセキュリティ on-Demand」
ウイルス、スパイウェアに感染する可能性のあるWebページの閲覧をブロックし、ウイルスの感染を未然に防御します。


■クライアントにおける感染対策 ⇒ 「Symantec Endpoint Protection」
アンチウイルス、アンチスパイウェア、ファイアウォール、侵入防止(IPS)、デバイスアクセス制御などを実装したクライアントのセキュリティを保護するソフトウェアです。


■検疫による社内ネットワークの保護 ⇒ 「Symantec Network Access Control」
クライアントPCをネットワークに接続させる前に、セキュリティ要件に適合しているかどうかを確認し、要件に適合していないクライアントPCをネットワーク接続をさせないようすることでウイルスの蔓延を防御します。


(2)Webサイトへの対策例


■Webサイトの改ざんチェック ⇒ 「GREDセキュリティサービス」
企業、組織のWebコンテンツを監視し、改ざんが発生した場合はアラート送信及びレポートを送信し、管理者に通知します。


■Webサイトの脆弱性チェック ⇒ 「セキュリティ診断サービス」
Webサーバ及びWebアプリケーションに対する脆弱性の診断を行います。


■Webサイトへの改ざん対策 ⇒ 「SaaS型Webアプリケーションファイアウォール(Webセキュリティ on-Demand)」
Webアプリケーションの脆弱性を狙ったデータの不正取得や、Webサイトの改ざんなどの攻撃を検知し、ブロックするWebアプリケーションファイアウォールをSaaS型で提供します。




◆関連サイト:Gumblar(ガンブラー)対策ソリューションリンク

このプレスリリースの付帯情報

Gumblar対策ソリューションの提供イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。