logo

日本テラデータ、パートナー企業の支援をさらに強化

日本テラデータ、パートナー企業の支援をさらに強化
- パートナー企業支援プログラム「Teradata Partner Program」を発表 -


日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川 幸彦)は、パートナー企業支援をさらに強化し、ビジネス・パートナーを経由した販売を推進するために、「Teradata Partner Program」(テラデータ・パートナー・プログラム)を3月1日から新たに開始します。

Teradata Partner Programは、デモンストレーションや評価用にTeradata製品を利用できるライセンスの提供や共同販促活動の実施、専用ウェブサイトでの情報提供などを通じて、パートナー企業がTeradata製品を中核に据えたビジネスを推進することを強力に支援していくものです。このプログラムは、同時に開始するビジネス・パートナー制度である「Teradata Partner Network」(テラデータ・パートナー・ネットワーク)に参加しているパートナー企業に対して提供されます。

Teradata Partner Programでは、具体的に次のような分野で支援を実施します。

 1. Teradataライセンスの無償提供
  パートナー企業向けに、デモ/評価用のTeradataライセンスを無償で提供します。

 2.技術者のスキル向上支援
  パートナー企業の社員がTeradata製品の知識をいつでも取得できるように、ドキュメント類を専用ウェブサイトに掲載します。また、認定資格制度であるTCPPの取得推進のために料金割引を実施します。

 3. ビジネス獲得のための提案・営業支援
  新規マーケットに対してはTeradata製品の提案を共同で行い、新規顧客の獲得を目指します。既存ユーザーに対しては各パートナー企業の得意分野を生かしたTeradata製品の新たな活用提案を行います。具体的には、リードジェネレーションのプランニングやセールスリードの共有、共催セミナー、共同マーケティングなどによって案件発掘を支援します。 

 4. 専用ウェブサイトの開設
  Teradata製品関連の情報を掲載するパートナー企業向けの専用ウェブサイトを3月下旬に開設します。提案先企業のニーズに合わせた提案を行うための最新のTeradata製品・ソリューションの情報やセールス・ガイド、パートナー企業限定のセミナー案内などをいち早く掲載します。


日本テラデータはデータウェアハウスの専業企業であり、データウェアハウスに特化した30年以上におよぶ多数のシステム構築から得た経験やノウハウがあります。また、世界中の多くの導入客先による活用方法に基づいた有益な情報やリソースをパートナー企業に提供することで、パートナー企業はこれまで以上に差別化が可能となり、競争力を強化することができるようになります。

◆TCPP(Teradata Certified Professional Program)について
TCPPは、Teradata 製品に関する技術者の標準化を図るための認定技術者制度です。テラデータ・コーポレーションはこのプログラムを全世界で推進しており、日本テラデータにおいても、多数のエンジニア、コンサルタントが技術者として認定されています。

# # #

◆日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。