logo

スーパーハイビジョンビデオと3Dビデオの兆し

米国の市場調査インスタット社がスーパーハイビジョンサービス市場を調査した「スーパーハイビジョン動画市場調査:市場概況、技術、将来性 - The Market Opportunity for Ultra-High Definition Video」を出版

ハイディフィニション(HD)ビデオが世界中で本領を発揮しはじめ、テレビ産業と映画産業は新しい時代を予期している。米国調査会社インスタット社は、3Dテレビとスーパーハイビジョン(UHD)の時代が始まろうとしていると報告している。

映画館での3Dの映画が成長していることによって、3Dビデオは既に始まっている。有料テレビオペレータは、3Dテレビの機能の採用の初期段階にある。3Dテレビと3Dブルーレイプレーヤーは、2010年に出荷されるだろう。インスタット社の予測では、世界の3Dテレビの出荷数は、2014年に4100万に達するだろう。3Dブルーレイプレーヤーの出荷数は、3Dテレビに迫る勢いだろう。

スーパーハイビジョン(UHD)の登場には時間がかかるだろうが、テレビ、映画産業、技術産業の長期の計画では議論と注目を集め始めている。インスタット社は、スーパーハイビジョン放送は2017年ごろに始まるだろうと予測している。スーパーハイビジョンテレビは、2020年代の前半にはいくつかの地域市場で世帯普及率5%程度に達するだろう。技術企業や機器メーカは、この長期のビジネスチャンスに対する準備を整える必要があるだろう。

インスタット社の調査レポート「スーパーハイビジョン動画市場調査:市場概況、技術、将来性 ー The Market Opportunity for Ultra-High Definition Video」は、スーパーハイビジョンについて調査している。スーパーハイビジョンサービスの加入者と視聴者の市場と産業の牽引要因、様々な技術やビジネスモデルの発展がスーパーハイビジョンサービス市場に与える影響の分析、スーパーハイビジョンサービスプロバイダの潜在性、新たなデジタルシネマと3D技術の分析、スーパーハイビジョンコンテンツ制作、映画配信、放送、家庭での技術などのスーパーハイビジョンのバリューチェーンの査定、世界のスーパーハイビジョンテレビ所有世帯の地域毎の15年間の長期予測などを記載している。

【調査レポート】
スーパーハイビジョン動画市場調査:市場概況、技術、将来性
The Market Opportunity for Ultra-High Definition Video
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]