logo

『君を、何度でも愛そう。』が書籍化!

*************************************************
第4回日本ケータイ小説大賞「優秀賞」受賞作品

『君を、何度でも愛そう。』が書籍化!
2月13日全国書店にて発売!!

リンク
*************************************************



 「日本ケータイ小説大賞」を主催し、月間アクセス数2億PVを突破したケータイ小説サイト「野いちご」を運営するターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地修一)は、沙絢(さあや)著 『君を、何度でも愛そう。 』(上・下)価格:各1,050円(税込)を2010年2月13日より全国書店にて発売いたします。

■全国の女子中高生が泣いた!史上最高の純愛小説!

【あらすじ】
原因不明の病に悩む10歳の綾は、東京から引っ越した先の緑豊かな田舎町で、
同い年の少年、京に出会う。危険な状態にある綾の病を知った京。
彼の起こしたある行動が、その後の2人の運命を少しずつ変えていく…。
綾と京、6年間の甘く切ない純愛ストーリー。

【沙絢(さあや)プロフィール】
宮城県在住の自由奔放なB型女子。漫画「ワンピース」を愛してやまない。
作家仲間からイラスト制作のオーダーが続出するほどの、
多才なケータイ小説作家。

【審査員コメント】
★若林芹奈さん(ラブベリーモデル・13歳)
恋をしている幸せさだとか嬉しさだとか、すごく共感できる! 方言が使われている
小説を読むのは初めてでとても新鮮でした! 次々に起こる困難にもハラハラドキ
ドキでした! 小学生時代から繋がる恋物語っていうのも初めてで…、だけど恋って
年なんか関係なく、何よりも大切に思えるものなんだなって、
恋って素敵だなって思えました。
★ばにぃさん(ケータイ小説作家・15歳)
病気である綾をずっと想い続け、ずっと支え続けた京がとても男らしいと思いました。
実際私が病気になってしまったらと考えると、綾のように強くはいられないなと感じました。
でも綾が強くいられたのも、京が近くで支えてくれたからだと思います。
いつもそばで自分を支えてくれている人の大切さがとてもよくわかりました。

詳しくは『野いちご』でご確認ください。
リンク


■『野いちご』とは
数々のケータイ小説を出版しているスターツ出版株式会社が運営しているケータイ小説サイトです。
全て無料で読み放題! 今話題の人気作家のケータイ小説を多数掲載&新作も続々UP中。
また「野いちご」発のケータイ小説を積極的に書籍化しています。                                

リンク
『君を、何度でも愛そう。 』  リンク
 

■お問い合わせ先
―――――――――――――――――――――――
「日本ケータイ小説大賞実行委員会」事務局 スターツ出版株式会社書籍編集部内
担当 : 松島 滋、長井 泉?
〒103-0027東京都中央区日本橋3-3-9西川ビル4F
TEL.03-6202-0393 FAX.03-6848-5500 E-mail: info@nkst.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。