logo

エフセキュア、Windowsサーバ用アンチウイルスソフトの 新バージョンをリリース

「メモリ使用量30%軽減」「起動時間56%短縮」「スキャン時間50%短縮」



エフセキュア株式会社(本社: 神奈川県横浜市、日本法人代表: 桜田仁隆)は、企業向けWindowsサーバ用のアンチウイルスソフトの新バージョン「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」を2月10日より順次、販売開始します。

「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ」は、ウイルス対策、スパイウェア対策、ルートキット対策を提供するサーバ用のアンチウイルスソフトです。新バージョンでは、スキャンエンジンを変更し、プロセスの最適化を行うことで、CPUおよびメモリ使用量を30%軽減、起動時間を56%短縮、スキャン時間を50%短縮することに成功しました。(※) また、設定画面GUIをブラウザベースにすることで、リモートからの設定変更やウイルススキャンが容易になりました。

更に、今回のバージョンより、Citrix環境(Citrix XenApp 5.0/Citrix Presentation Server 4.5)をサポートします。

※「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.8.01」と「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」を社内検証した結果に基づいています。


------------------------
「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」について:

■主な改良点
- メモリ使用量
- 起動時間
- スキャン時間
- 検知率の向上
- ローカル設定操作をGUIからWEB-UIに変更
- リモートからの遠隔管理
- Windows Server 2008 R2対応
- Windows Server 2008 Core対応
- Citrix環境対応(Citrix XenApp 5.0/Citrix Presentation Server 4.5)

■主要機能
- パターンファイル自動更新機能
- スパイウェア対策
- リスクウェア対策
- ルートキット対策
- スケジュール スキャン
- リアルタイムスキャン
- 容易なインストール
- 集中管理※
- 64 ビット対応
- 複数の言語に対応

※集中管理を行う際は、別途「エフセキュア ポリシーマネージャ Ver9.00」以上が必要です。

■システム要件
- CPU: Pentium 4 2GHz以上推奨
- メモリ: 最低512MB (1GB以上推奨)
- ハードディスク空き容量: 200MBの空きスペース (300MB以上推奨)
- ブラウザ:  Internet Explorer 6以上
- インターネット接続

■対応OS
- Windows Server 2003 (32/64-bit)
- Windows Server 2008 (32/64-bit, Server Core editionを含む)
- Windows Server 2008 R2 (64-bit, Server Core editionを含む)
- Small Business Server 2003
- Small Business Server 2008

■価格
ボリュームランク 初年度 (単価) 次年度 (更新)
1-4台 ¥ 50,000 ¥ 25,000
5-9台 ¥ 40,000 ¥ 20,000
10-24台 ¥ 35,000 ¥ 17,500
25-49台 ¥ 30,000 ¥ 15,000
50-99台 ¥ 22,500 ¥ 11,250
100-249台 ¥ 17,500 ¥ 8,750
250-499台 ¥ 12,500 ¥ 6,250
500-999台 ¥ 10,000 ¥ 5,000
※単位は、サーバ台数 (1ライセンスから購入可)
※乗換割引/教育・医療・介護機関向け割引制度有り。

詳しい製品情報は、下記をご覧ください:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。