logo

Kingston、前年より100万ドル増、2009年売上高41億ドル達成

厳しい経済情勢にもかかわらず創業以来2番目に高い売上高を達成

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは2月9日、2009年の売上高が、前年より100万ドル増加し、41億ドルに達したことを発表いたしました。

2009年の売上高は、2007年の売上高45億ドルに次ぐ、1987年の創業以来2番目の高さとなります。当社は、1995年に売上高10億ドルを達成し、以降2004年には20億ドル、2005年には30億ドルと急激に売上高を伸ばしてきました。
2009年の売上高が増加した要因として、メモリの平均小売価格の上昇、法人顧客および一般消費者需要の回復、2009年初頭からのSSD市場への新規参入が考えられます。また、売上高の上昇は、チップの供給過剰と世界経済の減退がメモリ業界の低迷へとつながった前年からの変化の兆しとして受け取ることが出来ます。

当社の共同創設者の1人であるジョン・ツー(John Tu)は「昨年、メモリ業界も他の業界同様にいくらか回復したように思われ、我が社はDRAMとフラッシュ価格の上昇から利益を得られました。我々は2009年初頭にSSD市場に参入することで製品ラインナップを拡充し、この1年間で上昇基調にある同市場に強い足がかりを残せました。」と語っています。

もう1人の共同創設者であるデービッド・スン(David Sun)は「1年前の同時期、今年は悪い1年になるであろうと我々は身構えていました。しかし、わが社は幸いにも良い方向へとつながる好機を捉えることができました。社員、パートナー様、ベンダー様、お客様のサポートのもと、我々は共に厳しい状況を乗り越えることができ、より良き日が目前まで迫っていることを実感しています。我々は今の状況を喜ばしく思います。」と語っています。


Kingstonの詳細情報についてはWebサイトwww.kingston.com/japanをご参照ください。
Kingstonの最新情報に関しては、Twitterアカウント『@Kingston_Japan』twitter.com/Kingston_Japanをご参照ください。

ユーザー同士がKingston製品に関して情報交換できるサイト『Kingston Blog』www.kingston-blog.comでも同製品に関する情報が取得できます。

また、以下のキャンペーンも現在展開中です。
“Challenge Your Memory ”ゲーム:www.kingston-blog.com/challenge_your_memory/jp/
“本物のKingston製品を探せ”ゲーム:anti-counterfeit.kingston-blog.com

お手持ちのKingston製品が本物かどうか確かめるには、オンライン認証ページへアクセスしてください。
www.kingston.com/japan/verify

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]