logo

クラウドによる 高品質な仮想化インフラ基盤の提供サービスを開始

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:河村雄良、以下:パナソニック電工IS)は、2月15日から当社大阪中央データセンターにおいてクラウドコンピューティング※1による仮想化インフラ基盤の提供サービスを開始いたします。



今般当社が提供するサービスには、これまでパナソニック電工株式会社に向けて提供してきたサービス実績とノウハウから培った仮想化インフラ統合技術を活用いたします。サービス基盤は、対障害性・可用性・信頼性に優れた仮想化サーバ「Egenera(R) BladeFrame(R)」ならびに仮想化ストレージ「3PAR」とし、人事システム・経理システムといった企業の基幹システムや商用サービスに用いられているシステムなど、ミッションクリティカル※2なシステムの運用にも、安心・安全にご利用いただけます。また、関西圏にあるデータセンターという立地を活かした遠隔バックアップサービスの受け入れ体制も整備しており、複数の企業で待機サーバを共有する「N+1 DRサービス」※3の提供も可能であります。
 当社は今後、このサービスをシステム保有から利用への移行を図りたい企業のコスト負担・運用負担の軽減対策や、首都圏・中京圏企業のバックアップ拠点として展開してまいります。
 なお、新サービスの提供開始に先んじて、当社は2月1日からSaaSによる基幹業務システム提供サービスを手がける大手SaaSベンダーに対しサービスを提供しております。ユーザーへのサービス継続が経営の最重要事項である同社は1.万が一の場合に備え、複数拠点でシステムを運用する場合、大阪(関西)は最適である 2.BPO※4の視点からも、パナソニック電工ISは高いサービス品質と技術力・ノウハウを有しており安心できる という点を採用理由としています。

 
■サービス提供開始の背景~企業の課題
1.自社でシステムを保有する場合にかかる莫大なコストとメンテナンスの問題
   自社でシステムを保有する場合、通常は購入費用や保守費用ばかりでなく、万が一の災害に備え、
  バックアップ用にまったく同構成のシステムを別途待機させておく必要があり、莫大な初期費用と
  ランニングコストが発生します。
2.「見えない」クラウドコンピューティングに対する不安
   クラウドコンピューティングを活用すると、利用料のみでインフラ基盤を使用でき、サーバを意識せず
  システムを利用できるという利点があるものの、逆にインフラ基盤の所在も見えなくなってしまうことから、
  セキュリティなど安全面で抵抗を持つ企業も存在しています。

■当社サービスの特長
  1.パナソニック電工向けに基幹システムのインフラ基盤を提供してきた実績
   ⇒信頼性・可用性・柔軟性に優れた「Egenera(R) BladeFrame(R)」と「3PAR」を活用
     ・ 企業の生命線となる基幹システムなど運用にも耐えうる高い品質
     ・ 最小構成からスタートし、徐々に拡大するなど柔軟なシステム構築が可能
     
  2.耐震性・セキュリティに優れた大阪中央データセンターでのサービス
   ⇒所在がわかる安心感に加え、確かな安全も提供
     ・クラウドコンピューティングに対する「見えない不安」を解消
     ・阪神・淡路大震災の教訓を活かして建設された免震装置を備えたビル
     ・最新のセキュリティ設備による高い安全性

  3.関西という立地条件を活かした遠隔バックアップサービスの提供も可能
     ⇒BCP対策に最適の環境とインフラを提供
     ・首都圏、中京圏企業のバックアップに最適の環境
     ・ 複数の企業で待機サーバを共有する「N+1 DRサービス」にも対応可能

■今後の展開
  1.対象とするお客さまと活用のイメージ
   ・ SaaSによるサービスを提供する企業のインフラ基盤として
    (第1弾として、 2月1日から大手SaaSベンダーに提供開始)
   ・ システムの保有から利用へのシフトを図る企業のインフラ基盤として
   ・ 首都圏・中京圏の企業に対するバックアップサービスとして
  
2.売上目標
    2012年度までに5億円

以 上

※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

■注釈について
※1 クラウドコンピューティング
   ネットワーク上に存在するサーバが提供するサービスを、それらのサーバ群を意識することなしに利用できる
   仕組み。自らハードウェアを揃える必要がなく、運用コストの削減にも効果があがるとして注目されている。

※2 ミッションクリティカル
   24時間・365日の継続が要求される基幹業務、あるいは、そのような業務のために使用されるコンピュータ
   システムのこと。

※3 N+1 DRサービス
   通常、システム構築の際にはバックアップ用にまったく同構成のシステムを別途待機させておく必要があるが、
   このサービスを利用すれば、待機用の「Egenera(R) BladeFrame(R)」を共有し、遠隔地にある複数の「Egenera(R)
   BladeFrame(R)」からのバックアップが可能となる。

※4 BPO(business process outsourcing)
   企業が自社の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を、外部の業者にアウトソーシングすること。



【この件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
 総務部 広報・IRグループ 松本・仲本
 TEL.06-6377-0100 FAX.06-6377-0833 E-mail press@ml.panasonic-denkois.co.jp

【この件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
 営業本部
 東日本ソリューション営業部 TEL.03-3563-6660
 西日本ソリューション営業部 TEL.06-6377-0074

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。