logo

Diehl Aircabin、プロセスの最適化、コラボレーションの強化、 イノベーションの創出を支援するTeamcenterを採用

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは
本日、世界中の航空機メーカー向けに機内インテリアや各種の
システムを提供している大手メーカーのDiehl Aircabin社
(以下Diehl Aircabin)が、プロセスの最適化、コラボレーションの
強化、イノベーションの創出のために世界で最も広く使用されている
シーメンスPLMソフトウェアのTeamcenter(R)を採用したことを発表しました。

Diehl Aircabinは、新型ワイドボディのエアバス(R) A350などの
旅客機のキャビン・モジュールや乗務員控室、空調システムなどを
設計、開発、製造しています。Diehl Aircabinは、2008年まで
エアバスの100%子会社でしたが、今や世界の航空機メーカーの
主要なティア1サプライヤです。

Diehl Aircabinは、コスト・ベネフィット分析、徹底した考察、
投資効果(ROI)を含む広範な評価プロセスの末、
シーメンスPLMソフトウェアの業界随一のデジタル・ライフサイクル管理
ソリューションであるTeamcenterを採用しました。採用理由は、
複雑なプロセスを非常に簡単に構成して可視化できること、
そして、コラボレーションの強化とエンド・ツー・エンドの
PLM戦略を推進する道を切り開くオープン・アーキテクチャである
ことなど、その機能の豊富さにありました。Diehl Aircabinは
これらの機能を使用して、エンジニアリングプロセスを最適化し、
世界中のパートナーや顧客とのコラボレーションを
強化していきます。

「シーメンスPLMソフトウェアのTeamcenter製品ポートフォリオは
当社のエンジニアリングプロセスを最適化してくれるでしょう。
すべてのエンジニアリングプロセスをTeamcenter内で
可視化できるため、多種多様で複雑なエンジニアリング環境を
完全に管理できるようになります。また、シーメンスPLMソフトウェアの
航空宇宙/防衛産業における長年の経験と実績、
そしてPLM市場におけるそのリーダーシップからも多くのメリットを
享受できるでしょう」と、Diehl AircabinのCFOのMarkus Marschall氏は
述べています。

「TeamcenterがDiehl Aircabinのような航空宇宙産業の
大手企業に採用されたのは、このソリューションの機能の
広さと深さ、そしてこのテクノロジが業界のニーズにぴったり適合
することを証明しています。このことからも、
シーメンスPLMソフトウェアが航空宇宙/防衛産業にとって
一番望まれるPLMサプライヤであるという地位をさらに
強化する傾向は今後も高まっていくことでしょう」と、
シーメンスPLMソフトウェア・ドイツ法人のシニア・バイスプレジデント兼
マネージング・ディレクタのMartien Merksは述べています。

Teamcenterは、製品とプロセスに関するナレッジを
シングル・ソースに集約して人とプロセスを結び付けることによって、
イノベーションの創出と生産性の向上を強力に支援します。
実証済みの各種デジタル製品ライフサイクル管理ソリューション
からなるTeamcenterの包括的なポートフォリオは、
エンド・ツー・エンドのPLM戦略を推進するオープンな
PLM基盤上に構築されています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界6万3,000社のお客さまにサービスを提供し、
約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品や
サービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、工業用制御機器、
産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。
製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や
化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けた
ソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。
産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・
サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業の
バリューチェーン全体を最適化します。
シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約39,000人の従業員を擁し(2009年9月30日現在)、
2009年度の総売上高は70億ユーロを達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
Teamcenterは、米国およびその他の国における
Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.または
その子会社の商標または登録商標です。
Airbusは、Airbus Deutschland GmbHの商標または
登録商標です。その他の商標、登録商標、
サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]