logo

イーソル、「eSOL for Android(TM)」 を発表、組込みシステムのノウハウをつぎ込んだ、製品とサービスで構成するAndroid(TM)ソリューションを提供

                                     2010年2月1日
報道関係者各位
                                     イーソル株式会社

        イーソル、「eSOL for Android(TM)」 を発表、組込みシステムの
   ノウハウをつぎ込んだ、製品とサービスで構成するAndroid(TM)ソリューションを提供
  ~ Linux以外のOSにAndroid(TM)を適応させる「eSOL Adaptor for Android(TM)」を開発 ~

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:澤田 勉、以下イーソル)は、
Google社を中心とするOpen Handset Allianceのオープンソースソフトウェアプラットフォーム
「Android(TM)(アンドロイド)」を利用した組込みシステム開発のためのワンストップ
ソリューション「eSOL for Android(TM)」を発表します。eSOL for Androidは、Androidを
Linux以外のOSに適応させる「eSOL Adaptor for Android(TM)」と、Android搭載システム
開発向けテクニカルサービス「eSOL Professional Services for Android(TM)」で構成されます。
イーソルは、これまでに培ってきた組込みシステムのノウハウをeSOL for Androidに集約し、
Androidの適用分野を携帯電話などのモバイル端末から、より高い性能と信頼性を必要とする
組込みシステムへと拡大していきます。まずはeSOL Adaptor for Android製品のラインアップ
として、Linuxを高性能かつ高信頼性が特長のイーソルの組込みOS「eT-Kernel」に置き換える
ための「eT-Kernel Adaptor for Android(TM)」を開発中で、2010年第2四半期中のリリース
を予定しています。eSOL Professional Services for Androidには、LinuxをベースにしたAndroid
搭載システムの受託開発やAndroidのカスタマイズに加え、eSOL Adaptor for Androidを利用
したさまざまなOS環境におけるAndroid搭載システム開発のサポートやカスタマイズなどが
含まれます。

携帯電話・情報家電および車載情報機器における組込みソフトウェア規模は増大の一途を
たどっており、これらのシステム規模は単独で1000万行を超える規模となっています。
これに伴うコスト増加と開発効率の低下を改善するため、デスクトップPCやサーバ
コンピューティングと同様のソフトウェアプラットフォームの概念が導入されつつあります。
その中でも注目されているAndroidは、携帯電話のみならず情報家電および車載情報機器
市場でも注目を集めています。しかし、Androidは汎用OSであるLinuxをベースにした
プラットフォームであるため、特に車載情報機器などの高性能と高信頼性が要求される機器
への適用は実現が難しいとされています。

イーソルは、Linuxを他のOSに置き換えるeSOL Adaptor for Androidによりこの課題を解決
し、コスト削減および開発効率向上と高性能および高信頼性の確保を同時に実現します。さらに
eSOL Professional Services for Androidにより、Android搭載システムの開発を包括的に支援
します。これらは、多くの組込みシステムで採用実績をもつeT-Kernelを含む組込みOSや開発
ツールおよび各種ミドルウェアといった自社製品の開発経験と、組込みOSやLinux、Windows(R)
をベースとする組込みシステムにおいて移植や統合、改造などさまざまな規模の受託開発を多数
行ってきた経験の中から、約30年に渡って蓄積された技術ノウハウと知見に裏打ちされています。

現在開発中のeT-Kernel Adaptor for Androidにより、Androidのメリットと、eT-Kernelの
メリットの両方を取り入れられるようになります。
eT-Kernel Adaptor for Androidの適用により以下のようなメリットが得られます。
 ・LinuxがeT-Kernelに置き換わることにより、システムの高速化と優れたリアルタイム
  性能を提供可能
 ・「eT-Kernel Multi-Core Edition Memory Partitioning」を組み合わせることで、メモリ破壊
  を防止し、マルチコアシステムの信頼性確保を実現
 ・Androidアプリケーションとリアルタイム性と高信頼性が必須のPOSIX/μITRON,
  T-Kernelアプリケーションの混在が可能
 ・Androidアプリケーション・フレームワーク層以上は完全互換であるため、
  Android SDKをそのまま利用可能
 ・「eT-Kernel/POSIX」のLinuxとの高い互換性により、Linuxのソフトウェア資産と
  エンジニアリソースをフルに活用可能

eSOL Adaptor for Androidの開発により技術ノウハウをより洗練させ、Androidシステム開発
向けの技術サービスとして、eSOL Professional Services for Androidを提供します。eT-Kernel
ベースのAndroidシステムにとどまらず、Linuxベースの標準のAndroidから、その他のOSを
利用したAndroidまで、広くサービスをご提供します。binderやLow Memory KillerなどAndroid
の固有ドライバのカスタマイズ、標準ライブラリ、HAL、Androidランタイムのカスタマイズ、
μITRON,T-Kernel/POSIXソフトウェア資産などのAndroidへの適応化、パフォーマンス
チューニング、コンパイラやプロセッサのポーティング、デバイスドライバ開発、Android導入
のコンサルティングなどの各種テクニカルサービスでAndroid搭載システム開発を包括的に
サポートします。

イーソルは、携帯電話や情報家電、事務機器をはじめ、高い性能と信頼性を必要とする車載情
報機器などさまざまな機器にAndroidを適用し、それらのすべてをクラウドコンピューティング
における、いわゆるクラウド・デバイスとするために、さまざまな課題解決と、製品・サービス
の開発・提供を進めて参ります。


■補足資料
【イーソル株式会社について】
イーソル株式会社は「Inside Solution」をブランドスローガンに、1975年の創業以来、組込み
ソフトウェア業界、および流通・物流業界で実績を重ねて参りました。ユビキタス社会を内側
から支える技術者集団として、お客様の満足を第一に、開発、販売からサポートまで一貫した
サービス、そしてトータルソリューションを提供しております。弊社は、高信頼かつ高性能の
組込みOS・開発環境・各種ミドルウェアを自社開発、販売し、数多くの組込みシステムに採用
いただいています。
▽eSOL ホームページ:リンク


【eT-Kernelについて】
eT-Kernelは、イーソルがこれまでμITRONで培ってきたノウハウと技術をもとにして、
T-Kernelに性能面・機能面で拡張・改良を加えたリアルタイムOSです。
▽eT-Kernel詳細:リンク


【eT-Kernel Multi-Core Edition Memory Partitioning について】
「eT-Kernel Multi-Core Edition」のオプション機能で、マルチコアシステムの信頼性を確保
するためのシステム保護機能です。


*"Android"は、Google Inc.の商標です。*Windows は米国 Microsoft Corporation の米国
およびその他の国における登録商標です。*eBinder、eParts、PrKERNEL、PrKERNELv4、
PrFILE、PrCONNECT、PictDirectは、イーソル株式会社の登録商標です。*eCROS、
eT-Kernel、PrUSBは、イーソル株式会社の商標です。*TRON は"The Real-time Operating
system Nucleus" の略称です。*ITRON は "Industrial TRON" の略称です。*μITRON
は "Micro Industrial TRON" の略称です。*TRON, ITRON, T-Engine, T-Kernel は
コンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品ないしは商品群を指すものでは
ありません。*その他の会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。


■ 本リリースに関するお問い合わせ先
イーソル株式会社 経営企画室 久保田伊佐雄
Tel : 03-5365-1560 e-mail : esol-marketing@esol.co.jp
URL : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]