logo

デジタルサイネージや電子POPとして活用可能な『動画再生機能付AED収納ケース』を発売

株式会社 オプティマム・エコロジー・エンジニアリング 2010年02月01日 09時00分
From DreamNews

IT関連機器販売の株式会社オプティマム・エコロジー・エンジニアリングは2月1日、デジタルサイネージや電子POPとして活用可能な『動画再生機能付AED収納ケース』を発売しました。マルチメディアコンテンツの表現力を活かし広告媒体としての活用や、AED利用ビデオによる普及活動を省スペース・低コストで実現します。
IT関連機器販売の株式会社オプティマム・エコロジー・エンジニアリング(略称:オー・イー・ツー、本社:大阪府門真市、代表取締役社長:河野佳史 )は2月1日、デジタルサイネージ(注1)や電子POPとして活用可能な『動画再生機能付AED収納ケース』を発売しました。
本製品はAED(注2)の収納ケースと動画再生ディスプレイを一体化しており、マルチメディアコンテンツの表現力を活かし電子広告を流す事で、広告主にはAED協賛によるイメージアップを、設置側には広告収入による導入費用の軽減などの効果が期待できます。また、AEDの利用ビデオを平時から再生することでより多くの市民にAEDの利用方法や、このケース内にAEDがある事を意識させ、認知度や救命率の向上に貢献します。
製品本体は人通りの多い箇所での利用を意識し、比較的コンパクトに仕上げており、さらに内部装置の小型化を進める事で、品質を保ちながらコストダウンを実現しています。
初年度販売目標は100台としており、本製品の販売を通じてAEDの普及を積極的に支援します。

(注1)デジタルサイネージ(Digital Signage=電子看板)とは主に駅や商業施設などに設置される、映像装置を利用した広告や案内表示のこと
(注2)AEDとは自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)の略で、心室細動が発生した患者に対し、電気的なショックを与え心臓の動きを元に戻す目的で使われる救命用医療機器。一般人でも扱える事から、各地で講習が行われている

■本製品の特徴
1.動画再生ディスプレイ搭載
  17インチの動画再生ディスプレイを搭載し、動画や静止画の繰り返し再生が可能です
2.国内各メーカーのAEDに対応
  AED収納部は365×330×145(W×H×D単位mm)の容量を確保しており、
  現在(2010年1月末時点)販売されている全メーカーのAEDを収納できます
3.ラッピング広告が可能
  ラッピング広告を想定し、基本色を白、表面をフラットなデザインにしています
4.アラーム機能搭載
  AED収納部にはセンサーがついており、扉をあけた際にアラームと赤色回転灯で周囲に注意を促します
5.多目的収納ボックス
  本体下部にスペースがあり、医療器具や毛布などの備品を入れる事が可能です
6.柔軟なカスタマイズ
  お客様のご要望に応じた様々なカスタマイズが可能です  

■本製品の外観写真
■本製品の主な仕様


【会社概要】
会社名: 株式会社オプティマム・エコロジー・エンジニアリング
所在地: 〒571-0038 大阪府門真市柳田町2-15
代表者: 河野佳史
設立: 平成13年10月25日
資本金: 9,000万円
事業内容: IT関連機器販売・運営、光触媒・光酸化事業
TEL: 06-6906-1175
FAX: 06-6906-5575
URL: リンク

【本件に関するお問い合わせ】
営業所: 株式会社オプティマム・エコロジー・エンジニアリング 東京営業所
担当: AED収納ケース係 翁(おきな)
所在地: 〒113-0033  東京都文京区本郷2-36-2 TM畑中ビル301号室
TEL: 03-3868-0802
FAX: 03-3868-8105
MAIL: info@aedmovie.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]