logo

来年度へ向けた「従業員の情報セキュリティ教育」を効果的に実践するための年間計画作成セミナーを開催

株式会社JMCリスクソリューションズ 2010年01月28日 13時30分
From PR TIMES

情報セキュリティ事故の9割は、従業員によるものであり、8割はヒューマンエラーと言われています。
リスクを軽減しつつ、情報の利活用を行うには、従業者の情報セキュリティ教育は不可欠です。
しかしながら、「ルールはあるが、実践されていない」「ルールの必要性は理解されているが、守られていない」との声をよく耳にします。
従業員への教育効果を高めるためには、年間を通じた教育計画の策定が成功のカギです。
本セミナーでは、情報セキュリティ教育の担当者の方を対象に、従業員のセキュリティ成熟度や役職別に合わせた「成功する」教育カリキュラム策定と教育のポイントが学べます。



『情報セキュリティ教育計画策定・実践セミナー』(1日講座)

■日程:2/16(火)、2/24(水)、3/ 3(水)、3/26(金)
    各日とも10:00~16:30

■会場:2/16(火)、2/24(水)→大久保会場 (関東ITソフトウェア健保会館 新宿区百人町2-27-6)
    3/ 3(水)、3/26(金)→高田馬場会場 (JMCリスクソリューションズ本社 新宿区高田馬場3-3-3)

■受講料:1名 42,000円(税込)

■定員:各日とも6名


■プログラム
午前の部(10:00~12:00) <知識編>

自社の目標にあった「効果のある教育を行うにはどうしたらよいか」テンプレートを用いながら、 研修計画の作成方法を紹介します。

・情報セキュリティ教育の課題
・スキルマップ作成~誰にどんなスキルが必要か
・教育手段について~目標達成に最も有効な方法とは
・年間教育計画の作成~セキュリティ目標と教育効果のひも付け

午後の部(13:00~16:30) <実技編>

各社によって異なる情報セキュリティ目標にあわせて、具体的にどんな教育・訓練を行えばよいのか、成熟度別・階層別に事例を紹介します。自社にあった情報セキュリティ教育の実践に役立ちます。

・自社のレベル診断
・成熟度別、階層別の教育手法について(無料の教育コンテンツ、教育ルーツの素材の紹介、グループディスカッション型研修の体験を含む)
・研修アジェンタの作成
・質疑応答

(※詳細内容が変更になる場合もあります)

■対象
情報セキュリティ教育担当者・情報セキュリティ管理者
(情報セキュリティ体制や情報セキュリティポリシーのある企業に限らせていただきます。)

■サービス詳細ページ
リンク

【JMCリスクソリューションズについて】
2008年に、IT関連事業を手がけるJMCソリューションズと、情報セキュリティ事業を手がける株式会社JMCリスクマネジメントが合併し、株式会社JMCリスクソリューションズとしてスタート。
情報セキュリティに関する認証・認定の支援実績は、ISO27001認証取得支援が約100社、プライバシーマーク認定取得支援が約400社です。

 <会社概要>
株式会社JMCリスクソリューションズ
 ・代表取締役社長 滝澤 教之
 ・本社所在地 東京都新宿区高田馬場3-3-3 三優ビル
 ・従業員数 31名
 ・資本金 1億円
 ・ホームページ リンク
 ・事業内容
IT機器の販売、設置から運用サポート、情報システム運用管理
ISOやプライバシーマークなどの認証資格取得支援コンサルティング
情報セキュリティのルール作りや運用支援コンサルティング
情報セキュリティ診断・技術サービス
当社オリジナルの情報セキュリティ教育
当社オリジナル開発商品、それにともなうサービス

<本件に関するお問い合わせ>
 マーケティンググループ セミナー担当
(TEL:03-5332-8763)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。