logo

高度なビデオ広告はオンラインと次世代有料テレビサービスで成長

米国市場調査会社インスタット社が出版レポート「米国の広告市場動向と今後の展望 - US Advanced Advertising」のプレスリリースにおいて高度広告サービスの市場規模は、2013年には50億ドルになるだろうという予測結果を発表しました。

消費者行動の変化とオンラインや有料テレビのビデオオンデマンド(VOD)サービスによって、広告業界は劇的に変化していると、米国調査会社インスタット社は報告している。このような変化によって、高度ビデオ広告の市場は急成長し、2013年には50億ドルになるだろうとインスタット社は予測している。

HuluやCBS Interactive、ABC.comなどのオンラインVoDサービスは、既に提供するプラットフォームから、高度広告による収益をあげている。今後5年間で、有料テレビの人気の高いテレビ番組、ビデオ、映画、音楽コンテンツにおける高度な広告は、本領を発揮するようになるだろう。

「オンラインVoD産業は、高度ビデオ広告(Advanced Video Advertising)を提供する上でリードしているが、有料テレビ産業も急速に対応を進めており、2012年にはブロードバンドVODを上回るだろう。有料テレビサービスは適切に配信され、視聴者が何回も見ることができるため、オンラインサービスよりも高額な広告料(CPM、1000人当たりの到達コスト)を交渉することができるだろうとインスタット社は考えている」とインスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は語る。

高度な広告は、広告主にとって、劇的にターゲッティングやレポーティング、総合的な投資利益率(ROI)を改善できる、次世代のアプローチである。

インスタット社は、下記についても調査した。

●テレビのEverywhereイニシアチブは、広告サポートによる有料VODサービスを、オンラインやモバイルユーザに拡大するだろう
●高度ビデオ広告を実現する主要企業は、Adobe、Arris、Brightcove、 Cisco、Motorola、Rovi、Sigma Systems、thePlatformなどである
●ケーブルテレビ産業のCanoe Venturesは、有料テレビのオペレータが直接、全国規模の大手広告主に、コスト効率のよい大規模な視聴者の選別できるサービスを目指している

インスタット社の調査レポート「米国の広告市場動向と今後の展望 ー US Advanced Advertising」は、米国の高度広告サービスの市場を調査している。広告の次世代的なアプローチの分析、新旧のメディアに与える影響の分析、高度広告の動向、広告によるVODを利用している米国家庭の、ブロードバンド/有料テレビ接続に分けた2013年までの予測を記載している。

【調査レポート】
米国の広告市場動向と今後の展望
US Advanced Advertising
リンク

◆市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]