logo

スマートメーターとスマートグリッド

スマートメーター、高度計測インフラ、ホームエリアネットワーク、自動配電技術

現在、大規模な法規制の後押しと企業の設備投資によって、世界の主要な国々において、例えばプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)などの分散発電や蓄電のような、特にネットワーク通信や遠隔管理・自動管理によっておこる斬新な性能の向上を実現するような、配電網のアップグレードが進行中である。実に、この「スマートグリッド」へのアップグレードの特徴は、世界中での電力会社によるスマートメーターの大規模導入であり、特に北米や欧州、アジア太平洋地域の数ヶ国において進み、一番注目すべきはオーストラリアである。また、スマートグリッド展開の最大の特徴は、自動配電(DA)とホームエリアネットワーク/需要調整(HAN/DR)である。
この調査レポートは、特にスマート電子メータに注目してスマートグリッド技術の市場を調査し、電力会社のヘッドエンドシステムに接続するスマートメーターの様々な技術的、地域的な選択肢を分析している。主要な市場牽引要因と課題、バリューチェーンや競争的市場環境を分析し、地域毎の市場の特性を紹介している。特にスマートグリッドを促進する法規制や法案にも注目し、スマートグリッド関連の標準や技術についても記載している。スマートメーターと、スマートメーターに接続する際に使用される通信技術の5年間の市場予測と、スマートグリッドのバリューチェーンにある幅広い主要な企業のプロフィールも記載している。米国調査会社ABIリサーチ社は、双方向通信が可能なスマート電子メーターの普及は、2009-2015年に7600万から約2億1200万に増加すると予測している。

【調査レポート】
スマートメーターとスマートグリッド:スマートメーター、高度計測インフラ、ホームエリアネットワーク、自動配電技術
Smart Meters for Smart Grids : Smart Meters, Advanced Metering Infrastructure, Home Area Networks (HAN), and Distribution Automation (DA) Technologies
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。