logo

プリズムを使用しない独自技術で業界最小、最軽量を実現/ワイヤレス色測定器「PRISMO CYCLOPS」を発売

株式会社扶桑プレシジョン 2010年01月25日 09時00分
From DreamNews

印刷機器関連、画像処理のソフトウェアを開発する株式会社扶桑プレシジョン(本社:京都市下京区 代表取締役:竹田直人)は、これまで常識だったプリズムを使用しないことで業界最小、最軽量を実現したワイヤレス色測定器、「PRISMO CYCLOPS(プリズモ サイクロプス)」を2010年1月29日より販売を開始します。

プリズムを使用しない独自技術で業界最小、最軽量を実現
ワイヤレス色測定器「PRISMO CYCLOPS」を発売
~色を数値化して正確に"共有""再現"することで、色表現の可能性を高める~

印刷機器関連、画像処理のソフトウェアを開発する株式会社扶桑プレシジョン(本社:京都市下京区
代表取締役:竹田直人)は、これまで常識だったプリズムを使用しないことで業界最小、最軽量
※(商品特長参照)を実現したワイヤレス色測定器、「PRISMO CYCLOPS(プリズモ サイクロプス)」を
2010年1月29日より販売を開始します。
色を主観的な感覚ではなく数値化して伝えることで、色の共有化と再現性を高め、クリエイターや印刷会
社などの専門家だけでなく、ファッションやインテリアなど幅広い分野で、色の表現の可能性を高めます。

クリエイターや印刷会社との打ち合わせに欠かせない色合わせですが、これまでは主観的な色彩感覚
や時間とともに色が変化するカラーチップで行われており、完成後の印刷物や商品に思った色がでない
というトラブルも珍しくありませんでした。色測定器を用いることでこうしたトラブルは回避できますが、従
来の色測定器は、大きく、重いプリズムを使用して分光する方法で色を測定しており、高価なうえに重く
て持ち運びにくく、日常の打ち合わせ現場ではあまり用いられていませんでした。

モバイル性を重視したスマートなデザイン

「PRISMO CYCLOPS」は当初よりモバイル性を重視していたため、これまで常識だったプリズムを使わ
ず様々な光を当て、サンプル値と比較することで色を測定する独自技術を採用、部品の一つひとつにこだ
わることで、高い測定精度を維持したまま省エネ、小型化を実現しました。当社は画像処理ソフトなど色彩
に関する開発のノウハウ、その特許を持っており、その技術を応用しました。
また、機能美を追求したシンプルなデザインは大学の研究室と共同で考案。本体はシルバーを基調に、製
品を収納するケースは透明のアクリルケースを使用するなど、細部までビジュアルにこだわっています。

フタを閉じるだけで色を測定し、パソコンやスマートフォンに計測結果が表示されるなど、製品デザインだ
けでなく、よりスマートに使えるようにすることで、クリエイターが携帯したいと感じる製品として普及すること
を目指しました。

======================================
本件に関するメディアからのお問い合わせ先
株式会社扶桑プレシジョン リンク 担当:山本
〒600-8106 京都市下京区五条通烏丸西入醍醐町284番地 
TEL.075-353-0678 FAX.075-353-0679 
プリズモサイクロプスサイトアドレス リンク
問い合わせ専用メールアドレス prismo@fuso.co.jp 
======================================

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。