logo

ST-Ericsson、2009年度第4四半期の業績を発表

Geneva, Switzerland, Jan 23, 2010 - (JCN Newswire) - STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)とエリクソン(NASDAQ:ERIC)のジョイント・ベンチャーであるST-Ericssonは、2009年度第4四半期の業績を発表しました。

Geneva, Switzerland, Jan 23, 2010 - (JCN Newswire) - STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)とエリクソン(NASDAQ:ERIC)のジョイント・ベンチャーであるST-Ericssonは、2009年度第4四半期の業績を発表しました。

- 純売上高は7億4,000万米国ドル、2%の成長を維持
- (調整済)営業損失[1]は5,000万米国ドル
- 再構築計画は予定通り進行、年間で1億1,500万米ドルにおよぶ経費の追加削減

社長兼最高経営責任者(CEO)であるジル・デルファシー(Gilles Delfassy)は、次のように述べています。「第4四半期には、中国という最速の成長を遂げている市場で地歩を固めることができました。中国では今や、標準TD-SCDMAにおけるリーダーとして、2009年12月末までに650万個のチップセットを出荷しています。さらに、財務業績の改善と競争力向上を目指し、さらなる施策にも着手しています。

2009年は業界にとって困難な1年でした。ST-Ericssonの抱える課題はとりわけ大きなもので、地位の維持に努めつつ、持続可能な収益性ある成長目指して基盤を整えなければなりませんでした。ST-Ericssonが獲得した事業の統合を急速に進め、次世代製品へ向けて開発した新ポートフォリオ戦略へと移行を遂げることで、この課題を乗り越えていく計画です。その初年度に、あらゆる分野で大きな発展を成し遂げましたが、未だやるべきことは残っています。

業界の進化は依然として続いており、幅広いマルチメディア・エコシステムを包括しようとしています。また、モバイル・プラットフォームも多くの消費者エレクトロニクスの収束点となり、消費者の生活を変えるばかりか、伝統的な端末市場の外へと市場機会を開いています。最先端の専門知識とマルチメディア処理能力の両方を備えたST-Ericssonは、市場のリーダーとしてとどまる上で有利な立場にあります。これら長所の上に立ち、未来の収益性ある成長へ向けた準備を整えています。」

第4四半期財務ハイライト(未監査)

---------------------------------------------------------------
100万米国ドル 2009年度 2009年度 2008年度
第4四半期 第3四半期 第3四半期
(プロフォーマ)
---------------------------------------------------------------
損益計算書
---------------------------------------------------------------
純売上高 740 728 746
---------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、 以下で調整(1):(50) (77) (98)
---------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却 (27) (25) (25)
---------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 (62) (19) (4)
---------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額 (139) (121) (127)
---------------------------------------------------------------
純利益(損失) (125) (112) 該当せず
---------------------------------------------------------------

純売上高は、中国での継続した需要を後押しに、前期から連続して2%の成長を記録しました。

統合関連の無形資産減価償却と再構築関連費用を除外した営業損失は5,000万米国ドルとなり、2009年第3四半期はこれに対し7,700万米国ドルでした。これには営業上の支出削減が反映されています。

サプライ・チェーンの効率性向上により、在庫管理は引き続き好調を見せました。在庫は3,300万米国ドル減少し、第4四半期末に2億4,400万米国ドルに達しました。

純キャッシュ[2]は2009年度第4四半期末時点で2億2,900万米国ドルとなり、前期に引き続き1,300万米国ドル増加しました。運転資本が改善したこと、ST-Ericssonの設立時より既に計画されていた合併上の最終調製に関して親会社から5,300万米国ドルの一時支払いを受けたことなどが原因です。

再構築計画に関する最新情報

ST-NXP Wirelessの定める2億5,000万米国ドル相当のコスト・シナジー・プログラムが完全に終了しました。

2009年4月29日に発表し、2010年度第2四半期に完了予定の2億3,000万米国ドル相当の再構築計画は、現在進行中で、第4四半期の業績に計画通りの影響を与えました。

ST-Ericssonは2009年12月3日、財務実績のさらなる改善を図り、市場における競争力を高めるための計画案を発表しました。

同計画案では、年間で1億1,500万米ドルにおよぶ経費の追加削減を目標としています。これらの削減は、営業費用や支出の削減および大規模な R&D 効率化プログラムによって見込まれています。この経費削減の一環として、同社はまた、グローバルな人員整理を実施する予定です。これにより、ワールドワイドで新たに600人の従業員が対象となる可能性があります。以上の計画の目標完了時期は2010年度末です。

ST-Ericssonでは、現在進行中の再構築計画に伴うコストが2010年度中にも発生すると予測しています。

市場の進化

中期的なビジネスの可視性は限定されているものの、2010年度第1四半期は、市場の季節変動が下向きになると予想されます。

2009年度第4四半期のハイライト:製品、技術、契約獲得

LG電子がモバイル・インターネット機器LG GW990へST-EricssonのモバイルHSPAブロードバンド・モデムM340を採用しました。LG GW990は2010年度後半に発売予定です。M340は、Intel Moorestownと同じくモバイル・プラットフォーム・ソリューションの一部であり、低消費電力と高速インターネット・アクセスを実現する小型かつフレキシブルなモデム・ソリューションです。

ノキアとST-EricssonはTD-SCDMA分野での長期的提携を発表しました。この提携では、ST-Ericssonがノキアに対するチップセット・プラットフォームの主要サプライヤとして、Symbian対応のTD-SCDMA機器やソリューション・ポートフォリオをサポートします。

ST-Ericssonとエリクソンは、LTEとHSPAネットワークの間で、ST-EricssonのM710プラットフォームを採用したマルチモードのLTE/HSPA端末を利用し、初のモビリティを達成したと発表しました。

10月には、モバイル・ユーザー体験におけるイノベーション促進へ向け、ARMとの提携を発表しました。ST-EricssonのU8500は、Mali-400TMグラフィクス処理ユニットと統合する初のスマートフォン・プラットフォームであり、グラフィクス開発者に対して最先端の環境を実現します。

財務業績資料

プロフォーマ情報:2009年度対2008年度(未監査)[3]

-----------------------------------------------------------------
100万米国ドル 2009年度 2009年度 2008年度
(実額)(プロフォーマ)(プロフォーマ)
-----------------------------------------------------------------
損益計算書
-----------------------------------------------------------------
純売上高 2524 2695 3,577
-----------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、以下で調整(1):(369) (440) (297)
-----------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却 (96) (106) (100)
-----------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 (116) (116) (4)
-----------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額 (581) (662) (401)
-----------------------------------------------------------------
純利益(損失) (539) (612) NA
-----------------------------------------------------------------

2009年度、四半期別(未監査)[3]

------------------------------------------------------------------
100万米国ドル 2009年度 2009年度 2009年度 2009年度 2009年度
第1四半期 第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
(実額)(プロフォーマ)
------------------------------------------------------------------
損益計算書
------------------------------------------------------------------
純売上高 391 562 666 728 740
------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、 以下で調整(1):
(78) (149) (165) (77) (50)
------------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却
(20) (30) (24) (25) (27)
------------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 0 0 (35) (19) (62)
------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額(98) (179) (224) (121) (139)
------------------------------------------------------------------
純利益(損失) (89) NA (213) (112) (125)
------------------------------------------------------------------

プロフォーマ情報:2008年度四半期別(未監査)[3]

-------------------------------------------------------------------
100万米国ドル 2008年度 2008年度 2008年度 2008年度
第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
(プロフォーマ)(プロフォーマ)(プロフォーマ)(プロフォーマ)
-------------------------------------------------------------------
損益計算書
-------------------------------------------------------------------
純売上高 862 966 1003 746
-------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、以下で調整(1):
(96) (69) (34) (98)
-------------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却
(25) (25) (25) (25)
-------------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 0 0 0 (4)
-------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額(121) (94) (59) (127)
-------------------------------------------------------------------
純利益(損失) NA NA NA NA
-------------------------------------------------------------------

注記
[1] (調整済)営業損失とは、統合関連の無形資産減価償却と再構築関連費用を除外した営業損失を指します。経営陣は、継続事業に関する理解を深める一方、これらの項目が営業損失の実額に与える影響について説明する目的で、(調整済)営業損失を使用しています。
[2] 純キャッシュとは、キャッシュとキャッシュ同等物、有価証券、短期性預金から負債を減じたものです。
[3] 未監査のプロフォーマ業績として提示されている数値は、ジョイント・ベンチャーST-Ericssonが2008年1月1日に設立されたものと仮定し、同日以降のST-Ericssonとその前身(ST-NXP WirelessとEricsson Mobile Platforms)による業績を加味したものです。(実際の事業開始は2009年2月2日です。)こうした業績は、情報上の理由で提示されているだけで、2008年1月1日に合併が生じた場合に実現していたはずの業績を示すものではありません。

編注
ST-Ericssonでは、コンファレンスコールをアナリストおよび投資家向けに、中央ヨーロッパ時間1月22日午後1時(米国東部時間同日午前7時)に開催します。コンファレンスに参加するための電話番号およびライブ ウェブキャスト、スライド資料は リンク にて入手できます。

概要: ST-Ericsson

ST-Ericssonは、幅広いモバイルテクノロジを網羅した、革新的なモバイル・プラットフォームと最先端のワイヤレス半導体ソリューションの完全なポートフォリオを開発、提供している世界的リーダー企業です。同社は携帯端末製造最大手各社へのトップサプライヤであるとともに、その製品とテクノロジは今日市場に供給されているすべての携帯電話の半数以上に採用されています。2009年の売上(暫定値)はおよそ27億ドルに達しています。ST-Ericsson は、STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)およびエリクソン(NASDAQ:ERIC)による対等出資(50:50)の合弁企業として2009年2月に設立され、本社はスイス・ジュネーブに置いています。ST-Ericsson の詳細は、Webサイト www.stericsson.com をご覧ください。

問い合わせ先:
Global Communications & Media Relations
Claudia Levo, Geneva, Switzerland
Jana Mancova, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 930 2733
Email: media.relations@stericsson.com
Kristina Embring Klang, Lund, Sweden
Phone: +46 10 713 5058
Email: media.relations@stericsson.com

Investor Relations
Fabrizio Rossini, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 929 6973
Email: investor.relations@stericsson.com

Ericsson Investor Relations
Susanne Andersson, Stockholm, Sweden
Phone: +46 10 719 4631
E-mail: investor.relations@ericsson.com

STMicroelectronics Investor Relations
Tait Sorensen, Phoenix AZ, US
Phone: +1 602 485 2064
Celine Berthier, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 929 5812
Email: investors@st.com

このプレスリリースで報告されているST-Ericssonの業績は、ST-Ericsson以外の企業活動も含むSTマイクロエレクトロニクスのワイヤレスセグメントの業績を完全に反映するものではありません。

このプレスリリースにはリスクや不確定な要素等の要因を含む将来予測に基づく表明が含まれます。実際の業績は、今後様々な要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。リスク要因の詳細はSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)とエリクソン(NASDAQ:ERIC)がSECに提出した報告書、特に各社のForm 20-Fのアニュアルレポートをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]