logo

フォートラベル、「みんなでつくる横濱写真アルバム」とコンテンツ連携

フォートラベル株式会社(本社:東京都新宿区、以下:フォートラベル)と、「みんなでつくる横濱写真アルバム」(以下:横浜写真アーカイブ協議会)は、総務省関東総合通信局が開催する「地域住民参加型デジタルアーカイブのコンテンツ利用に関する調査検討会」の検証実験にて、コンテンツの連携を行います。

<提携コンテンツ>
レンズから見えるハマの歴史と街の息遣い
リンク


▼地域住民参加型デジタルアーカイブのコンテンツ利用に関する検証実験の目的
地域住民参加型デジタルアーカイブ(以下、「地域アーカイブ」という)には、地域住民や地域企業等の協力により、古写真や貴重な地域資料が多く収集されており、共有保管庫としての役割のほか、観光、まちづくり等の地域振興においても重要な役割を担っています。しかし、地域内外の認知度が低く、利活用が十分に行われていないほか、技術や資金面などにおいての問題も多く、採算性を含めた継続的運営が困難なケースも見受けられます。
そこで、検証実験として、ユーザーの多いポータル事業者との連携を行い、新たなユーザー層に対してサービスを提供し、コンテンツ利用における課題点を明らかにすると共に、新たなコンテンツの利活用の可能性を探ります。

▼検証実験の内容
地域アーカイブの一例として、「みんなでつくる横濱写真アルバム」に市民の投稿により収蔵されているコンテンツのうち、投稿者が2次利用を許諾している写真を、フォートラベルが運営する旅行総合情報サイト「旅行のクチコミサイト フォートラベル」において利用できるよう、データベース化を図り、フォートラベル利用者にサービスとして提供します。また、体制整備上の課題点を明らかにし、解決策などを経験知として記録し、マニュアル化を図ります。

▼実施期間(予定)
・連携モデルの構築(2009年12月中旬~下旬)
・「みんなでつくる横濱写真アルバム」に収蔵されているデータ整理(2009年12月中旬~2010年1月上旬)
・「旅行のクチコミサイト フォートラベル」のページ構築(2009年12月中旬~2010年1月上旬)
・ページ公開(2010年1月19日)
・結果とりまとめ(2010年2月中旬~2月下旬)



<フォートラベルについて>
日本最大級の旅行総合情報サイト『旅行のクチコミサイト フォートラベル』を運営。「日本人の旅行文化向上に貢献する」を目標に、「旅行者」と「旅行業界」が旅行について対等に情報交換できる「旅行業界横断型のコミュニケーションプラットフォーム」の構築を目指します。


<みんなでつくる横濱写真アルバムについて>
「みんなでつくる横濱写真アルバム-市民が記録した150年」は、横浜の歴史を記録した写真を公開し、市民に広く活用していただくWEBサイトです。歴史や文化、経済、地域の発展、市民の生活文化など、横浜を語る「写真」を通して、魅力ある郷土の共有財産づくりに貢献することを目指しています。


<地域住民参加型デジタルアーカイブのコンテンツ利用に関する調査検討会>
総務省関東総合通信局がICTを活用した持続可能な住民参加型アーカイブの組織・運営のあり方、コンテンツの収集及び利活用を促進する方策等を検討することを目的として開催しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。