logo

第37回「価格.comリサーチ」「Windows7購入状況調査」結果

Windows 7、発売後2ヶ月で3割が導入、約75%が「満足」と回答
5人に1人はWindows 7搭載パソコンを購入
買い替え需要喚起に貢献しつつも、メーカー人気は明暗くっきり
~「半年以内に購入予定」が半数以上、盛り上がりは一段落も、購入意欲は依然高い~
詳細結果:リンク 



株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com(リンク)」が実施した
ユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第37回調査『Windows 7購入状況調査』から、
結果を一部抜粋の上、ご案内します。
昨年10月に発売された新OS「Windows 7」。発売を待って各メーカーが年末商戦向けモデルを発売
したことで、2009年末のパソコン市場は久々に活気が戻り、一部の予想を裏切りパソコン市場に
影響を与えた形となりました。
そこで、実際に消費者はWindows 7をどのようにとらえ、どのような購買行動をとったのか調査を
行ない、昨年9月に行った『Windows 7購入直前の意識調査結果
リンク)』とも比較をしています。

詳細結果:リンク  

【調査結果ダイジェスト】
◆「Windows 7を購入した」:全体の3割、Vistaユーザーの約4割は購入済
◆購入時期:全体の3分の1が発売当日、半数以上が発売後1ヶ月以内
◆満足度:「Windows 7に満足している」約75%、Vista・XPユーザー共に高い結果
◆機能別満足度:1位はパフォーマンス(74.7%)、次いで体感速度(73.9%)
◆購入方法:半数がアップグレード版、5人に1人がWindows 7搭載パソコンを購入
◆Windows 7搭載パソコンのメーカーシェア:1位は、唯一目新しいモデルを発表したSONY(13.4%)、
 ノートパソコンのみでは21.4%を占める
◆今後の購入予定:半数以上が「半年以内に購入する」
 発売直後の盛り上がりはひと段落するも、購入意欲は引き続き高い
◆今後購入するタイミング:1位「いつ購入しようか迷っている」(27.1%)

今回の調査では、Window 7導入率が全体の3割となり、約75%が「満足」と回答、人気・満足度
ともに、発売前に実施した調査結果よりも高くなりました。
また購入方法では、5人に1人がWindows 7搭載パソコンを購入し、主にデスクトップパソコンの
買い替えが進んだことが分かる結果が出ており、Windows 7がパソコンの買い換え需要の喚起に
一役かったことが見てとれます。
今後の購入意向では、半数が「半年以内に購入予定」としており、発売後の盛り上がりは一段落
したものの、消費者の購入意欲は依然高いことが伺える結果となりました。

【調査パネルについて】
調査エリア:全国
調査対象:価格.comID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:7,869人
男女比率:男90.6%:女9.4%
調査期間:2009年12月22日~2009年12月28日
調査実施機関:株式会社カカクコム
詳細はPDF資料をご参照ください。
また、価格.com上でも詳細結果をご確認いただけます。
リンク 
リサーチ結果のバックナンバーはこちら
リンク 

【価格.comデータ】(2009年12月末現在)
月間利用者約2,293万人、月間ページビュー約8億5,010万PV、累計クチコミ件数約1,000万件

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報担当 Tel:03-5805-7511 mailto:pr@kakaku.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]