logo

「RSA FraudAction(R) Anti-Trojan Serviceトロイの木馬対策サービス」 導入によるセキュリティの強化について

 ソニー銀行株式会社(代表取締役社長兼CEO:石井 茂/本社:東京都千代田区/通称:ソニーバンク)は、お客さまにより安心してご利用いただけるよう、RSA セキュリティ株式会社(代表取締役社長:山野 修/本社:東京都千代田区/以下 RSA セキュリティ)が提供する「RSA FraudAction(R) Anti-Trojan Serviceトロイの木馬対策サービス」(以下 トロイの木馬対策サービス)を導入し、セキュリティ強化を図りますのでお知らせいたします。

 トロイの木馬対策サービスとは、RSA セキュリティの24 時間365日対応フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction(R)」において提供するサービスのひとつです。インターネットを経由してコンピューターへ侵入し、お客さまの個人情報などを無断で取得し第三者に送付するといった悪質なスパイウェア、トロイの木馬を検知して、不正サイトをシャットダウンし犯罪行為を終結させるまでを一貫して行います※1。

 ソニーバンクは、従来からスパイウェアに関する情報提供や、より安全なログインのためのソフトウェアキーボードをご提案してきました。このたび、本サービスを採用することで、ソニーバンクのサービスサイトを狙ったスパイウェア、トロイの木馬を配布するサイトを能動的に検知し、閉鎖できるようになります。また、すでにこれらに感染している可能性の高いお客さまに対して、適切な対応をお願いすることも可能となり、被害拡大の防止を図ります。

 なお、ソニーバンクでは、すでにフィッシングサイトの閉鎖を行う「RSA FraudAction(R) Anti-Phishing Serviceフィッシング対策サービス」と、フィッシングメールやフィッシングサイトの早期発見と活動時間の短縮を図る「検知サービス」を導入しており、オンライン詐欺対策に注力しています。引き続き、お客さまに安心してお取り引きいただける環境のご提供と、セキュリティレベルの維持・向上に努めてまいります。

以 上

※1 スパイウェア、トロイの木馬とは
スパイウェアとは、利用者の同意を得ずにインストールが行われ、各種の情報収集と第三者への情報の送信を実行するソフトウェアの総称です。
一方、トロイの木馬とは、正体を偽り(便利なソフトウェアのように見せかけておいて)、メールやWeb などインターネットを経由してコンピューターへ侵入し、データ消去や改変、ファイルの外部流出、他のコンピューターへの攻撃、ネットワーク経由でシステムを制御可能にする裏口(バックドア)を作ったりするなどの悪意のあるソフトウェアの総称です。
スパイウェアやトロイの木馬の中には、キーボードから入力した情報や、画面の表示内容、ハードディスク内のデータから個人情報やパスワードを取得して、利用者に無断で第三者に送付するものなどがあります。こうして取得された個人情報が悪用され、第三者に不正利用される等の被害が発生します。

ソニーバンクのサイト
企業サイト リンク
サービスサイト リンク

ソニー銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第578号 加入協会:日本証券業協会、社団法人 金融先物取引業協会
(C)Sony Bank Inc. MONEYKitはソニー銀行株式会社の登録商標です。 RSAおよびFraudActionは、RSA Security Inc.の登録商標です。  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。