logo

VTVジャパン株式会社、米Vidyo社ビデオ会議ソリューション国内最初の導入事例「プロジェクト4A(文部科学省 戦略的連携支援事業)」を公開

ビデオ会議システムの販売・コンサルティング最大手のVTVジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表:栢野 正典、以下VTVジャパン)は、米Vidyo(ヴィディオ)社製ビデオ会議システム・ソリューションの国内最初の事例として、プロジェクト4A(文部科学省「戦略的連携支援事業」平成20年度採択)の導入事例を公開しました。

ビデオ会議システムの販売・コンサルティング最大手のVTVジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表:栢野 正典、以下VTVジャパン)は、米Vidyo(ヴィディオ)社製ビデオ会議システム・ソリューションの国内最初の事例として、プロジェクト4A(文部科学省「戦略的連携支援事業」平成20年度採択)の導入事例を公開しました。

「プロジェクト4A(フォー・エー)」は、秋田大学、秋田県立大学、国際教養大学、ノースアジア大学、秋田公立美術工芸短期大学、日本赤十字秋田短期大学、聖園学園短期大学、秋田工業高等専門学校の8教育機関が連携し、文部科学省の平成20年度「戦略的大学連携支援事業」に申請、採択されたプロジェクトです。国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、秋田県の知の基盤を構築して地域の高等教育力を高めるとともに、地域の抱える諸課題を戦略的に解決することを目標としています。
同事業推進本部は2009年3月に遠隔講義システムソリューションとして各教育機関に
Vidyo社製ビデオ会議システムを導入、設置。運用に向けて使用試験期間を経て、同年10月からスタートの授業科目「秋田戦略学」にて正式に運用を開始しました。

Vidyo社のシステム・ソリューションは、VTVジャパンと、学校教育用システムの企画・設計・施工・販売会社である株式会社フォラックス教育(本社:秋田県湯沢市 代表取締役社長:田中 格、以下フォラックス教育)が共に提案・納入を行いました。
プロジェクト4A事業推進本部では、一般のインターネットを利用したオンデマンド型遠隔教育の実施を想定していたため、ネットワーク帯域問題の解決が重要でした。Vidyo社製ビデオ会議ソリューションの、高品質でなおかつ低帯域でも安定した映像伝送を行える点が高く評価され、採用に至りました。
来年度にはオンデマンド型講義も開始される予定です。インターネット回線があればどこからでも接続できるVidyo社システムの利点を活かし、県南や県北の大学・短大・高校なども遠隔講義の拠点とするべく準備を進めています。
VTVジャパンは今後もVidyoシステムをはじめとする遠隔ソリューションで様々な事業の取り組みをサポートして参ります。

詳しくはVidyo製品紹介サイト
リンク をご覧ください。

【「プロジェクト4A」について】
この事業は、「戦略的大学連携支援事業」として、国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的として、平成20 年度から新規に開始した事業です。
「プロジェクト4A(フォー・エー)」は、秋田県の高等教育機関が連携して、「秋田を研究する」・「秋田を学ぶ」・「秋田で学ぶ」ことを支援するプロジェクトです。「4A」は「for Akita」(秋田のために)という意味も込められており、このプロジェクトで目指す学び「academic(学術的な)」「active(活動的な)」「authentic(真正の)」と合わせて、4つの「A」を表しています。
同プロジェクトは次の5つの柱から構成されています。
■ 秋田を探究する 地域社会の諸問題をテーマとした学術的研究プロジェクト
■ 秋田を学ぶ 学術研究に基づく共通学習プログラム「秋田戦略学」の展開
■ 秋田で学ぼう オープンキャンパス等の入試広報活動の共同実施
■ 学びをつなぐ 高校生・中学生向け授業の開講等の中等教育・高等教育連携
■ 質の高い学びの場を 学生理解・学生対応に関するFD/SD プログラムの共同実施
プロジェクト4Aの詳細サイト:リンク

<VTVジャパン株式会社:会社概要>
■ 商号 :VTVジャパン株式会社
■ 所在地 :東京都千代田区九段北1-2-3
■ 代表者 :栢野 正典(カヤノ マサノリ)
■ 事業内容:ビデオ会議システムの機器販売及びレンタル、同システムに関する保守サービス、ビデオ会議システムを設置した貸テレビ会議室の運営、及び予約管理
■ URL :リンク
■Vidyo 製品紹介サイト:リンク

本件に関するお問い合わせ先
VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 メールアドレス:vtvinfo@vtv.co.jp
マーケティング部 本多、山田 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。