logo

Invida社、第28回年次JP Morgan Healthcare Conferenceでプレゼンテーション実施

Singapore, Jan 5, 2010 - (JCN Newswire) - アジアのヘルスケア製品の商品化や、パートナー企業とのライセンス取り扱い分野の大手企業であるInvida Pharmaceutical Groupは、米国太平洋標準時2010年1月12日(火)午前7:30に、2010 JP Morgan Healthcare Conferenceでプレゼンテーションを行う企業に選ばれたことを、本日発表しました。

Singapore, Jan 5, 2010 - (JCN Newswire) - アジアのヘルスケア製品の商品化や、パートナー企業とのライセンス取り扱い分野の大手企業であるInvida Pharmaceutical Groupは、米国太平洋標準時2010年1月12日(火)午前7:30に、2010 JP Morgan Healthcare Conferenceでプレゼンテーションを行う企業に選ばれたことを、本日発表しました。

プレゼンテーション内容はインターネットによりライブ配信されますので、同社ウェブサイト( リンク )でご視聴いただくことができます。講師はCEOのJohn A. Grahamで、企業全体についての最新情報と、2010年の戦略、およびアジア太平洋地域における成長のための主要パートナーシップの機会について、お話します。

最高経営責任者のJohn A. Grahamは、次のように述べています。「ご招待にあずかり光栄です。JP Morgan Healthcare Conferenceにて、2010年の企業施策のキックオフができることを嬉しく思います。また、今回のプレゼンテーションは、Invida社を大手ヘルスケア投資家や製薬企業の皆様にご紹介し、アジア太平洋地域市場における第一級のマーケティング・パートナーとしての弊社の成長を強調させていただく機会でもあります。2010年、Invida社は、20年にわたるアジアでの医薬商品化経験をさらに確固たるものとし、パートナー企業ブランドおよび自社ブランドの両方について、主要アジア太平洋地域市場の成長を推進します。われわれのステークホルダーの皆様に、弊社の進展と継続的成功についての最新情報をお伝えする場として、JP Morgan Healthcare Conferenceは、まさにうってつけでしょう。」

Invida社の主要業務は、アジア太平洋地域全体における処方薬と市販薬製品のライセンス取り扱い、マーケティング、流通などです。現在パートナーシップを結んでいる企業には、大手多国籍製薬企業や、最先端の消費者向けヘルスケア製品分野で主導的な企業などがあります。Invida社は、アジア全域でこれらの製品の商品化を推進することにより、パートナー企業と投資家の皆様が、さらに広範な顧客層への働きかけができるようにしたり、急速に拡大する変化の激しいアジア市場に質の高い医薬製品を提供できるようにしたりするなど、他社にないような機会を提供しています。

Invida社について

Invida社は、差別化された高品質医薬製品の商品化によって、アジアの患者の皆様の生活を向上しています。その結果、ステークホルダーの皆様にも、繁栄をもたらします。実績あるマーケティングおよび販売ノウハウ、多くの主要治療分野にわたる優れた専門知識、アジアの主要市場すべてに関する深い経験などを通じて、これらを実現します。包括的な業務能力を擁していますので、熱意あるプロ集団により、迅速な市場参入をすることができます。
Invida社にはアジア太平洋地域13か国に4000人以上の従業員がおり、規制当局の認可取得や製品発売からライフサイクル管理まで、商品化バリュー・チェーン全体の業務を行っています。弊社では、自社ヘルスケア・ブランドの製品群の他、小規模のバイオ技術企業や巨大多国籍企業のライセンス製品も管理しています。Invida社のビジネス・モデルでは、パートナー企業との提携が重要な役割を果たしています。弊社はパートナー企業の皆様と緊密に協業して、効果的な戦略を策定し、弊社の広範な経験を活用して、委託されたアセットの可能性を最大限に活かします。

お問い合わせ先:
メディア向け:
Lisa Rivero
LaVoie Group
978-745-4200 x106
lrivero@lavoiegroup.com
リンク

投資家向け:
Liz Pingpank
LaVoie Group
978-745-4200 x104
lpingpank@lavoiegroup.com
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。