logo

通信販売でオリジナルの子ども服を2010年1月より販売開始 ~上質で肌ざわりのよい最高級綿「ピマコットン」による子ども服をお手頃価格で提供~

株式会社ベネッセコーポレーション(以下ベネッセ)の生活事業ブランド「BenesseLifeSmile」では、オリジナルのベビー・子ども服の通信販売を2010年1月より開始いたします。ベネッセの通販サイト、ベネッセショッピングモールではこれまで妊娠・出産期、子育て期の商品を広く取り扱ってきましたが、本格的なオリジナルのベビー・子ども服の販売は今回が初めてとなります。



「BenesseLifeSmile」では、ベビー・子ども服の開発にあたり、「生地の安全性」「肌ざわり」などの素材面と、子どもに服を着させるママ・パパの使い勝手の良さなどの機能面を重視した開発を進めてきました。素材面では、肌が敏感なベビー・子どもに「肌ざわりがよい素材を」とこだわりぬき、コットンの中でも最高級ランクのピマコットンに着目。さらにそのピマコットンを100%使用したスーペリアルピマ綿を採用しています。ピマコットンは栽培条件が厳しいため、生産量は世界の綿生産量の5%程度と希少価値の高い繊維ですが、原料の段階からの交渉を重ね、お手頃な価格での提供が可能となりました。いっぽう、機能面ではママモニターの声を活かした商品づくりを進めました。たとえば「乳幼児は着せ替えの際にじっとしていないため、ホックのかけ間違いをしやすい」という体験談をもとに、かけ間違えないようにポイントとなるホックに色付けするといった工夫をしています。さらに子どもが汗をかきやすい首回りや腕回りでしっかり汗を吸収できるような裁断、乳幼児の手足の動きに配慮した形状にも工夫を重ね、子どもの成長に沿ったサイズ展開のラインナップをご提供しています。
「BenesseLifeSmile」では、子どもの成長に合わせたベビー肌着・洋服、子ども向け肌着・洋服のラインナップとして「ピマコットンシリーズ」を、今後本格展開していく予定です。


■ピマコットンシリーズの概要■
◇商品内容 : ベビー肌着・洋服、子ども向け肌着・洋服
◇販売方法 : ベネッセの通信販売「ピースマイル」「ピースマイルfor kids」「たまひよSHOP」「すっく」による直販
◇販売時期 : 2010年1月15日より販売開始(webにて先行予約受付中)
◇注文方法 : 以下の方法でお申し込みください。(現在予約申込受付)
       web: 「ベネッセのショッピングモール」内の「たまひよSHOP」(リンク
       「ベネッセ ピマコットン」で検索
       電話:0120 - 0 0 た ま 1 4 ひ よ 5 5こっこ (たまひよSHOPサービスセンター)


■ピマコットンとは?■
≪ピマコットンについて≫
ピマコットン(ピマ綿)とは、繊維長(生地を織る糸の原材料の長さ)が35mm以上の超長繊維綿に分類され、繊維長の5段階の最高ランクに位置づけられます。国内で一般に広く用いられている綿糸の多くは中繊維綿(繊維長:21~25mm)、中長繊維綿(26~28mm)といわれています。超長繊維綿を使用した生地は光沢・つやがあり、洗濯を繰り返してもふんわりとした風合いが変わらないといわれています。柔らかく丈夫で長持ちする、吸収性に優れ肌ざわりが非常によい点など、乳幼児の肌着やウエアとして最適な特徴を備えています。

≪「スーペリアルピマ綿」「スーピマ」について≫
ピマコットンのなかでも米国のスーピマ協会の商標で、ピマコットンを100%使った製品のみにつけられるのが「スーピマ」(Superior Pimaの略)。ベネッセのピマコットンシリーズでは、このスーピマ綿を採用しています。

≪ピマコットンの認知度と利用意向≫
アンケート調査※によると、ピマコットンを「知らない」と回答した割合は92%と認知度が低いものの、あわせてピマコットンの特長の説明を読んだ上で興味の有無をたずねたところ75%が「興味がある」という結果となりました。いっぽうでアンケートのフリーアンサーより「値段が高そう」など、興味があるものの実際の商品価格が高いのではないか―という意見が多くみられました。そこで、今回の開発・販売にあたり、お手頃な価格での提供ができるように、原料調達の段階から交渉し、実現にこぎつけました。
※ベネッセ・ウィメンズパークに登録している女性358名を対象に、2009年6月に実施したインターネット調査結果より。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事