logo

新興市場でのオペレータの戦略によってスマートフォンの成長が促進

米国の市場調査会社ピラミッドリサーチ社が世界のスマートフォン市場、特に8大市場であるブラジル、中国、インド、ナイジェリア、ロシア、トルコ、英国、米国について詳細に調査した「世界のスマートフォン市場調査:新興市場でのオペレータとベンダの戦略、ケーススタディ、将来市場の予測 - Smartphone Forecast:Operator Strategies Will Fuel Growth in Emerging Markets」を出版

新興市場での成長が促進して、スマートフォンは世界の携帯端末販売の37%にまで増加して、オペレータとベンダに多くのビジネスチャンスが到来したと、米国調査会社ピラミッドリサーチ社の調査レポート「世界のスマートフォン市場調査:新興市場でのオペレータとベンダの戦略、ケーススタディ、将来市場の予測 ー Smartphone Forecast:Operator Strategies Will Fuel Growth in Emerging Markets」は報告している。この調査レポートは、世界のスマートフォン市場の現状を調査し、特にオペレータとベンダの戦略に注目している。また、Symbian、BlackBerry OS、iPhone OS、ウィンドウズモバイル(Windows Mobile)、アンドロイド(Android)、Palmの様々なシステムなどの、多くのソフトウェアプラットフォームの市場占拠をめぐる激しい戦いを概観している。モバイルサービス市場と携帯端末市場の分析も行っている。特に、ブラジル、中国、インド、ナイジェリア、ロシア、トルコ、英国、米国の主要な8つのスマートフォン市場については、世代毎の携帯端末の販売数予測、スマートフォンの年間販売数、OS毎の市場シェアなどの詳細な分析を行っている。それぞれの市場の主要携帯事業者の詳細についても記載している。

「米国は2009年のスマートフォン販売のトップだったが、幅広い層へのスマートフォン利用の働きかけや、より魅力的なサービス価格や新しいイニシアチブなどの、オペレータの積極的なプロモーションによって、2010年は中国が米国追い抜き、トップになるだろうと、ピラミッドリサーチ社は予測している。ブラジル、インド、トルコ、ナイジェリアは、今後5年間に最も成長が早いと見られる市場であり、それぞれ43%、39%、37%、34%と予測している。南米は、年平均成長率48%と最も成長率の高い地域で、アフリカと中東は39%でそれに続くだろう」とピラミッドリサーチ社のSalvador氏は述べている。

「オペレータとベンダの戦略の中心にあるスマートフォンとデータARPSの成長によって、この2つは共に多くのビジネスチャンスを生み出すだろう。支払方法(前払いと後払い)や補助金の普及、競争のレベル、OSの市場シェアなどのオペレータの戦略は市場によって異なるため、オペレータとスマートフォンベンダ、OS開発者、オペレータにとって、地域の状況を理解することは重要である」とSalvador氏は語る。

【調査レポート】
世界のスマートフォン市場調査:新興市場でのオペレータとベンダの戦略、ケーススタディ、将来市場の予測
Smartphone Forecast:Operator Strategies Will Fuel Growth in Emerging Markets
リンク

◆ピラミッドリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。