logo

炭素回収と炭素隔離の市場は、2030年に1280億ドルに達するだろう

米国の市場調査会社、パイクリサーチ社が二酸化炭素回収と二酸化炭素隔離の市場を調査した「炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測 - Carbon Capture and Sequestration:Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts」を出版

気候変動に関連する将来の政策について議論するために、産業界と政治的指導者がコペンハーゲンに集結した際に、地球温暖化ガス(GHG)排出の緩和のための、最も注目されるアプローチの1つは、炭素回収と炭素隔離(CCS)にあるとされた。それは、発電所や産業施設などの大きな排出源は、GHGの主要な促進要因であるため、この技術は必要不可欠であり、CCSは地球の温暖化を逆転させることはできなくても、少なくとも遅れさせることができると考えられている。

米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測 ー Carbon Capture and Sequestration:Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts」は、世界のCCSシステムによる収益は、基本的な予測シナリオに従えば、2030年までに1280億ドルに達するだろうとみている。世界の気候政策と産業界の採用がより積極的に推進されれば、世界のCCSシステムによる収益は、2030年までに2210億ドルに達することも考えられるだろう。しかし、CCSの支持者にとって多くの課題と障害もある。

「今日まで、CCSのある商用規模の発電施設は実在しない。その上、既存と新設の発電施設にCCSシステムを付加する場合、発電コストは50-70%上昇するだろう。新しいCCSの経済的な不確実性の基本的要因の1つは、炭素排出の明確なコストが不明であることだ。この障害は大きな問題ではあるが、パイクリサーチ社は、今後20年間にCCSは急速に成長すると予測している」とパイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。

この調査レポートは、CCS産業のすべての観点から市場の問題、技術的要因、企業のビジネスチャンスを調査し、炭素回収と、転送や格納の技術を分析している。また、世界のすべての主要な地域の、コストと収入などの詳細な市場予測を提供している。

【調査レポート】
炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測
Carbon Capture and Sequestration:Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts
リンク

◆パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。