logo

平成23年4月 保育所等2カ所 オープン予定

 保育ニーズが急激に高まる中、箕面市では、10月に公表した「箕面市待機児童ゼロプラン(案)」に基づき、第二総合運動場プールのうち、老朽化した50㍍プールを転用した新保育所建設ほかに本格的に着手します。

 本市では、平成21年10月に「箕面市待機児童ゼロプラン(案)」を公表し、計画的に市域全体で保育所定員を約300名増やすことをめざしています。その第一弾として、本日の第4回定例市議会において、第二総合運動場のプールの一部を解体し保育所用地を整備する事業について、補正予算が可決され、待機児童ゼロプランが本格的に始動することになりました。
 同時平行で、箕面森町には、保育所と幼稚園の機能を併せ持つ認定こども園を新設します。

①第二総合運動場プールを一部転用して、保育所を新設します
・老朽化した50メートルプールを廃止し、保育所用地とします。
(25メートルプール及び幼児用プールは継続します。)
・保育所設置運営主体:
 社会福祉法人ゆたか福祉会
(小野原学園運営法人)
・定員120名(予定)
・通常保育のほか、一時保育・支援保育を実施予定
・特徴
★スポーツ施設と連携しながら、子どもたちのゆた
かな心と体をはぐくむ保育をめざします。
★園庭を芝生化し、緑の中で遊べる空間を作ります。

②箕面森町に認定こども園(保育所+幼稚園)を新設します
・とどろみの森学園(小中一貫校)敷地内に、認定こども園用地を確保します。
・認定こども園設置主体:
社会福祉法人みすず学園
(みすず学園桜ヶ丘保育園運営法人)
・定員 保育所30名 幼稚園95名(予定)
・通常保育のほか、一時保育・支援保育を実施予定
・特徴
★保・幼・小・中 連携モデル事業として、教育内容を研究し、連続性のある教育をめざします。

■ 新年度に向けた保育所申込み状況
 12月1日から22日まで、新年度保育所申込みを受付中です。
現在の申込数は、途中経過で、344名(15日現在)。最終的には、例年の新規申込み(昨年度最終値382名)を上回る見込みです。
平成22年度については、認可外保育施設の活用などの経過措置を検討中です。


問い合わせ先
子ども部幼児育成課
電話:072-724-6937(直通) 
ファクス:072-721-9907
メール:infancy@maple.city.minoh.lg.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事