logo

荒俣宏著『ファンタスティック12(ダズン)』電子書籍版を12月18日(金)発売開始

『世界大博物図鑑』に続く第2弾



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」リンクを運営する株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区神田駿河台2-9-18、社長:鈴木雄介)は、2009年8月4日に発売した電子書籍版『世界大博物図鑑』に続く、荒俣宏ビジュアル本シリーズ第2弾として2009年12月18日(金)より、『ファンタスティック12(ダズン)』電子書籍版(全12巻)の販売を開始いたします。

1990年から1991年にかけてリブロポートから刊行された『ファンタスティック12』は、16世紀以降に生まれた博物学に関する図像を、テーマ別に荒俣宏氏が執筆・編纂した叢書です。現在では、荒俣宏氏の著作の中でも入手が困難な作品です。今回の電子書籍版の販売に際しては、紙の書籍のレイアウトをそのまま再現するとともに、その定価に比べて半額以下のお求め安い価格で提供します。 

リリースにあたり荒俣宏氏より、以下のメッセージをいただいています。

この叢書は、目と心とが協力し合い、また反発し合う中から奇跡的に生まれた、イメージの宝庫です。事実の観察が無知の目を驚かせ、また想像による飛躍が事実をかぎりなく歪めた「イメージ」の歴史が、じつに手軽に展望できるのです。どの原著も、現在は入手困難な貴重書ばかりです。これだけの書籍が一度に復刻されること自体、世界的に見ても稀なことだと思います。さらに、今回、デジタル版の刊行が実現することは、図像の集成である本叢書の価値をさらに高めてくれる試みであり、著者として喜びに堪えません。

>>メッセージの全文はこちら
リンク
   
イーブックイニシアティブジャパンは、荒俣宏氏の著作の電子化を継続して行っていく予定です。


■荒俣宏プロフィール

1947年東京生まれ、慶応義塾大学法学部卒業。博物学、幻想文学研究家、小説家、路上観察学会会員、妖怪評論家等として活躍。著書に『図鑑の博物誌』(リブロポート)、『図像観光』(朝日新聞社)、『帝都物語』『新帝都物語』『妖怪大戦争』(角川書店)、『絵のある本の歴史』『花の王国』(平凡社)、『アラマタ大事典』『アラマタ人物伝』(講談社)など多数。

■作品概要

書籍名:ファンタスティック12(全12巻)   

値段:各840円(税込) 全巻セット特別価格 9240円(税込)

販売日:12月18日(金)

販売ページ
リンク

荒俣宏さんの緊急メッセージ
リンク

販売予定作品;『フローラの宮殿』『黄金の鳥』 ほか

サンプル画像のデータをご入用の際は、広報担当者までご連絡ください

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。