logo

ANADIGICS社、同欣社に年間最優秀サプライヤ賞を授与

Warren, New Jersey, Dec 17, 2009 - (JCN Newswire) - ANADIGICS(NASDAQ: ANAD)は本日、同欣電子工業股●有限公司(Tong Hsing Electronic Industries Limited)に、年間最優秀サプライヤ賞を授与したことを発表しました。

Warren, New Jersey, Dec 17, 2009 - (JCN Newswire) - ANADIGICS(NASDAQ: ANAD)は本日、同欣電子工業股●有限公司(Tong Hsing Electronic Industries Limited)に、年間最優秀サプライヤ賞を授与したことを発表しました。年間最優秀サプライヤ賞プログラムは、目標以上の成果を収め、ANADIGICS社の成功を確固たるものとしたサプライヤを称えるため2009年に開始されました。発表は、フィリピンにある同欣社の最新工場落成式の中で行われました。2009年はANADIGICS社がこの名誉ある賞を授与する初年度に当たります。

同欣社が年間最優秀サプライヤ賞を獲得した理由は、技術・品質・対応力・納期・総合コスト管理などの重要分野で理想的な業績を遂げたことによります。今回の受賞により、同社はANADIGICS社との優れた協力関係を実現したことが認められたことに相当します。

「(今回の受賞を受け)大変に光栄に思います。このような成果を上げることができたチーム全員を代表し、この賞を受けることに大きな誇りを感じます。」と、同欣電子工業股●有限公司最高経営責任者の楊惠捷(Jay Yang)氏は述べました。「同欣社およびANADIGICS社の両チームは、10年以上に渡り緊密な協力関係を育み現在の発展に至っています。今後も末永くこのパートナーシップを通じてお互いの成長を続けていきたい思っています。」

「同欣社が2009年を通して優秀な業績を達成し品質向上と成功に尽力してきたことを表彰することができとても嬉しく思います。」と、ANADIGICS社オペレーション担当副社長のRuss Wagner氏は述べました。「全製造バリューチェーンを通じて、優れた品質と業務を重要視することが、弊社の成功の秘訣です。同欣社は、弊社の戦略やビジネスニーズを理解くださる企業であり、確実に業務を遂行されていると認識しています。」

[編注]
●は人偏に「分」

ANADIGICS, Inc.

ANADIGICS社(NASDAQ: ANAD) は急速に成長する無線・有線通信事業市場における半導体ソリューションの大手供給業者。1985年創立 、本社はニュージャージー州ウォレン。数々の受賞歴に輝く製品は、パワーアンプ、チューナー集積回路、アクティブ・スプリッタ、ラインアンプ等を抱える。各製品は無線周波数組込/フロントエンド・モジュールパッケージとして単体及びパッケージでの購入が可能。詳細は www.anadigics.com を参照。

同欣電子工業(Tong Hsing Electronic Ind)

同欣電子工業股份有限公司(Tong Hsing Electronic Industries Limited)は、マイクロモジュールとカスタム半導体パッケージの開発・製造に特化したマイクロモジュール・ファウンドリサービスの世界トップ企業。1975年創立、本社は台湾 台北。企業理念は同社とその顧客にとって最善のソリューションを提供することである。競争力のある価格、タイムリーな納期、高品質製品等多大なメリットを提供することで顧客へ最高なビジネスパートナーとして貢献。詳細は www.theil.com を参照。

セーフハーバー(Safe Harbor)についての記載

ここに記載されている過去についての情報を除き、本プレスリリースには、予測やその他の将来の見込みに関する記述(forward-looking statement)が(改正済1934年証券取引法で定義されている意義の範囲内において)含まれています。これらの予測および将来の見込みに関する記述は、将来の出来事と財務業績に関する会社の現在の見解を反映しており、一般的には、記述の中に含まれる「信じる」「期待する」「予測する」あるいは同様な趣旨の言葉により、特定可能です。同様に、当社の今後の計画、目標、見込みや目的を述べる記述は、将来の見込みに関する記述です。しかしながら、これらの出来事が起こるかどうか、あるいは、これらの予測が達成されるかどうかを保証することはできませんし、実際の結果および展開は、なんらかの要素の結果、予測と大幅に異なる可能性があります。実際の結果や展開が、そのような予測や将来の見込みに関する記述に明示または暗示された内容と、大幅に異なる結果となる原因となる重要な要因については、当社の2008年12月31日締め年次報告書(書式10-K)や、本文書で論じられているその他の文書など、米国証券取引委員会に提出された当社報告書に適宜詳述されています。

メディア問い合わせ先
Glen Turvey
T2 Public Relations
電話:+1 973.954.2723
電子メール:glent@t2publicrelations.com

企業問い合わせ先
Charlotte Chiang
ANADIGICS, Inc.
電話:+1 908.668.5000
電子メール:cchiang@anadigics.com

投資家向け広報
Thomas Shields
ANADIGICS, Inc.
電話:+1 908.412.5995
電子メール:tshields@anadigics.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事