logo

マジックソフトウェア・ジャパン、RIA開発機能をWindows Mobileに拡張した 『Magic uniPaaS (R)』の新バージョンをリリース

~PCとMobileを統合したクラウドコンピューティング・プラットフォームに進化~

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区代々木、以下 マジックソフトウェア・ジャパン)は、ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワークとして国内に2万5千社以上のインストールベースを誇る『Magic uniPaaS(マジック ユニパース)』の新バージョン、
『Magic uniPaaS V1Plus(マジック ユニパース ブイワン プラス)』を本日より発売を開始します。

【RIAの開発プロセスを大幅にカット】
従来のRIA(Rich Internet Application)開発では、サーバとクライアントをそれぞれ別々に設計・開発・テスト・配布するために、開発プロセスは複雑なものとなります。
2009年3月にリリースした、「Magic uniPaaS V1」では、開発された単一のRIAプロジェクトを、自動的にクライアントとサーバにパーティショニング(分離)し自動配布・更新する機能を追加しました。これにより従来のRIA開発言語と比較して、開発プロセスを格段に簡素化することが可能になりました。

【Windows Mobileに対応】
このたびの新バージョンでは、強力なRIA開発・実行・配布機能をWindows Mobileへも拡張し、最新バージョンのWindows Mobile 6.5にも対応しました。クライアントプラットフォームの違いをuniPaaSの実行エンジンが吸収するため、同一のRIAクライアントプログラムがWindowsとWindows Mobileの両方で動作します。

これらのMagic uniPaaS V1Plusの特徴により、以下の2つの「XXXXしない」が可能となりました。

●クライアントとサーバを別々に開発しない
一般的なRIAのように、クライアント側プログラムとサーバ側プログラムを別々に設計・開発する必要がありません。

●PCとモバイルを別々に開発しない
PC(Windows) RIAプログラムとWindows MobileのRIAプログラムが、同じデータベースと業務ロジックを共有することができます。これにより、画面サイズやデザインを変えるだけで、Windows RIAとMobile RIAを同時に開発することができます。

すでに国内のMagic uniPaaSによるRIA開発プロジェクトは100件を超え、ASP/SaaSでの利用も拡大しております。今回のバージョンアップによりMagic uniPaaS V1PlusはPCとモバイルが統合された、世界初のクラウドコンピューティング・プラットフォームに進化しました。


■製品価格(一部)
  ●開発環境:uniPaaS Studio V1Plus ¥600,000.-
  ●RIA実行環境:uniPaaS RichClient Server V1Plus ¥270,000.-(5ユーザ)~
  ●Mobile RIA実行環境:uniPaaS RichClient for Mobile V1Plus ¥500,000.-(50ユーザ)~
     ※表示価格は、すべて税抜です。

■RIA モバイルの動作環境
  ●Windows Mobile 6.0/6.1/6.5 Classic
  ●Windows Mobile 6.0/6.1/6.5 Professional

■動作確認された機種及び環境
こちらをご参照ください。
リンク
最新機種から順次動作確認中です。

■その他の詳細情報につきましては、以下製品紹介ページをご参照ください。
リンク


■エンドースメント
●ソフトバンクテレコム様
Magic uniPaaS V1Plusのリリースを心より歓迎いたします。
国内/海外、PC/モバイルを問わず、RIA環境を、早く、低コストで提供できるMagic uniPaaS V1Plusの登場で、クラウドコンピューティングの実現がさらに加速することを期待しております。
当社が提供する大容量のバックボーン回線、クラウドサービス、モバイルデバイスを絡めた協業を通して、今後もマジックソフトウェア・ジャパン株式会社様、及び全国800社以上のMagicパートナー様を強力にバックアップしてまいります。
                                            ソフトバンクテレコム株式会社
                                              国際営業本部 副本部長
                                                      吉田 勇 様

【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
イスラエル最大のソフトウェアグループ、Emblaze/Formula Groupに属し、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic uniPaaS」と、サービス指向のシステム連携ツール「Magic jBOLT」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。

現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に 関する詳細は、リンク でご覧いただけます。

このプレスリリースの付帯情報

uniPaaS V1Plus

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事