logo

ログ管理プロセスである収集・保存・分析を1つのシステムで実現!統合ログ管理システム「MylogStar 2.5」来春リリース

報道関係者各位

2009年12月16日
株式会社ラネクシー

--------------------------------------------------------------------------------------
●●● ログ管理プロセスである収集・保存・分析を1つのシステムで実現
●●○ 統合ログ管理システム「MylogStar 2.5」
●○● 来春リリース
--------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ラネクシー(〒169-0073 東京都新宿区百人町1-22-17、代表取締役社長:二瓶孝二)は、同社が開発した、ログ監視技術を中核とした統合ログ管理システムの最新版「MylogStar 2.5 (マイログスター 2.5)」を、2010年3月5日より国内販売代理店を通じて販売開始いたします。

MylogStar 2.5は最新OS Windows7、64bitのWindows Server 2008 R2に対応。Hyper-V、VMWareなどの仮想環境にも対応し、高いパフォーマンスと可用性、信頼性を実現します。また、取り扱いが容易なCSV形式でのログデータ出力によって、BIツール等の他システムとの連携が可能になりました。これにより大量のログデータをBIツールに取り込み、エンドユーザー自身が、独自の視点でデータを分析し、業務上の意思決定を迅速に行う事が可能になります。さらに、ログの記録精度、収集性能をさらに向上させることで、多くのログ管理製品の課題であったメンテナンス性・運用負荷を大幅に軽減させることができ、大規模なシステム構成での運用性を向上させました。

さらにMylogStar 2.5ではログデータの分析・レポートを行うAnalysis Option(アナリシスオプション), PC資産情報の収集を行うInventory Option(インベントリオプション), スタンドアロンPCのログデータを統合管理するPorter Option(ポーターオプション)の3つのオプション製品を標準化します。ログ管理プロセスである収集・保存・分析の機能をすべて標準化することにより、ログを活用しての業務の改善、セキュリティの向上を実現、
さらに効果的で、使いやすいログ管理システムに進化します。

またMylogStar 2.5の3オプション標準化に伴い、新規ユーザー向けの先行キャンペーンとしてMylogStar Ver.2.0でのAnalysis Option, Inventory Option, Porter Optionの3つを無償オプションとしてご提供します。キャンペーン期間は本日(2009年12月16日)から2010年3月末日までです。

ラネクシーでは、今後もMylogStarをはじめとしたセキュリティツールの製品開発を進めてゆき、あらゆる規模の企業や組織の情報セキュリティ対策と運用管理のお手伝いをいたします。


--------------------
■MylogStar 2.5製品概要
--------------------
MylogStarシリーズは、企業内のすべてのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏洩の流出経路を可視化し、業務プロセスの改善に有効活用できる統合ログ管理システムです。

管理対象となるクライアントPCのログオン・ログオフ、アプリケーション、ファイル操作、印刷、アクティブウィンドウを記録します。操作記録はOS のカーネルレベルで取得しているため、ほかのロギングツールでは抜け道となっているような部分でも、正確なログが取得できます。

問題発生時にはトレース機能を使い、記録を遡って調査することが可能です。特定のファイルの更新履歴や、USBメモリで持ち出されたファイルの元ファイルの特定などに役立ちます。


--------------------
■MylogStar 2.5の新機能
--------------------
・最新OS Windows 7 と Windows Server 2008 R2に対応。

・Hyper-V、VMWareなど、仮想環境に対応。

・ユーザー認証情報をログに取り込む機能を追加。
監視端末における他アプリケーションが生成したユーザー認証情報を、クライアントが取得した操作ログに取り込むことができます。これにより、ICカード認証システムなどによるシステム連携が可能となりました。これにより、なりすましなどの不正行為を防ぐことができます。(※ユーザー認証情報を生成する他アプリケーションが、本機能に対応している必要があります。)

・ログCSVを自動出力する機能を追加。
管理端末で指定した条件に従って、サーバー端末上にCSV形式のログデータを出力できます。出力されるCSVデータの抽出条件は、アラーム機能と同様の条件から選択でき、出力対象の期間も任意に指定することができます。また、CSVデータ出力タイミングをスケジューリングすることが可能です。汎用的なCSV形式で出力することによって、BIツール等の他システムとの連携が可能になります。これにより大量のログデータをBIツールに取り込み、エンドユーザー自身が、独自の視点でデータを分析し、業務上の意思決定を迅速に行う事ができます。

・ローカルログ滞留発生時に滞留を解消する機能を追加。
クライアント端末のログ生成量が送信量を上回り、監視端末にログが滞留した場合、システムの運用に支障を及ぼす可能性がありましたが、本機能により、この滞留したローカルログを削減し、滞留を解消。効率の良い運用が可能になります。

・ログの分析・レポート機能 Analysis Optionを標準化
Analysis Optionはログデータを自動的に分析し、グラフィカルなレポートをWEBブラウザ上に表示します。経営者視点のレポート出力、ドリルダウン分析で、組織内の状況把握がより迅速に行えるようになります。標準で搭載されているレポートはアラートの発生状況、アプリケーションの使用状況、ログイン状況、未ログインPCの4つです。レポートはカスタマイズが可能で、ユーザーが自由に好きなレポートを追加することができます。


--------------------
■株式会社ラネクシーについて
--------------------
最新のテクノロジーを採り入れたパッケージソフトウェアを企業から個人ユーザーまで幅広く提供する「ソフトウェアパッケージ事業」と、これらのソフトウェアを中核にすえた各種ソリューションや、業種別ソリューションなどを提供する「システムソリューション事業」の2つの事業を展開しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
製品に関して
株式会社ラネクシー 営業本部 ソフトウェア営業部/TEL:03-5337-6435
E-mail:bpo@runexy.co.jp

リリースに関して
株式会社ラネクシー 経営企画本部/TEL:03-5337-6411
E-mail:release@runexy.co.jp

《関連URL》
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。