logo

BSP、ITサービスマネジメントツール「LMIS(エルミス)」と統合システム運用管理「JP1(ジェイピーワン)」の連携オプションを発売

報道関係者 各位
プレスリリース
 
2009年12月16日
株式会社ビーエスピー
代表取締役社長 竹藤 浩樹

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BSP、ITサービスマネジメントツール「LMIS(エルミス)」と
統合システム運用管理「JP1(ジェイピーワン)」の連携オプションを発売

~人手による登録工数や入力ミスを大幅に削減し、システム品質の向上と安定稼働を実現~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ITシステム運用系パッケージ・ソフトウェアを開発・販売する株式会社ビーエスピー(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 竹藤 浩樹、以下BSP)は、ITサービスマネジメントツール「LMIS(エルミス)」と、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役会長兼執行役社長 川村 隆、以下日立)が開発・販売する統合システム運用管理「JP1(ジェイピーワン)」との機能連携による「LMIS JP1連携オプション」を発売します。
 標準価格は、30万円(税別)からとなります。

 今回の「LMIS JP1連携オプション」では、「LMIS」の構成管理データベース(CMDB)にJP1のジョブ管理製品「JP1/Automatic Job Management System 2」(以下、JP1/AJS2)で検知されたジョブネット、ジョブの実行状況についてのイベントを自動的に取り込むことが可能になります。これによりイベント登録における工数増加を抑え、手作業による入力ミスや登録漏れ等を大幅に削減することができます。

 さらに、構成管理データベース(CMDB)に蓄積された過去のインシデント(障害情報)をナレッジとして活用することで、既知のエラー発生における迅速な対応が可能になります。加えて「LMIS」のレポート機能によって、異常終了など問題の多い業務を容易に特定、その根本原因の究明とスムーズな対応を図ることで、システム全体の品質向上と、より一段の安定稼働を実現することができます。


【お問い合わせ先】
○報道機関からのお問い合わせ
株式会社ビーエスピー 広報IR室 井上、西平
TEL:03-5463-6385  FAX:03-5463-6392
E-mail:info@bsp.co.jp

○製品についてのお問い合わせ
株式会社 ビーエスピー マーケティング部 川原
TEL: 03-5463-6383  FAX: 03-5463-6392
E-Mail:product@bsp.co.jp


「LMIS(エルミス)」について
BSPの「LMIS」は、ITシステム/ITサービスの品質向上、継続的な改善を実現するITIL(R)プロセスに基づいたITシステム/ITサービスのマネジメントツールです。ITシステム/ITサービスに関わる情報を構成管理データベース(CMDB)で一元管理。システムの開発からテスト、本番切り替えとサービス提供の各フェーズで発生した情報をナレッジとして蓄積し活用します。
 LMISはライフサイクル管理により、継続的な品質向上と組織横断的な業務改善や改革を通じてITシステム全体の最適化を図り、高品質かつ安定したITサービスの提供を支援します。

「LMIS」の詳細については、Webサイトをご参照ください。
リンク


(注)ITIL(R)(IT Infrastructure Library):ITインフラストラクチャ・ライブラリ
ITサービスマネジメントに関する業務プロセスや手法を体系的に標準化したフレームワーク。1988年に英国政府OGC(Office of Government Commerce)によって策定。


本プレスリリースに記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。
また、記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。