logo

Ciscoの次世代無線接続により、マンダリンオリエンタル・クアラルンプールでの宿泊体験を豊かなものに

Kuala Lumpur, Malaysia , Dec 15, 2009 - (JCN Newswire) - マンダリンオリエンタル・クアラルンプールでは、ネットワーク・インフラのアップグレードを行い、高セキュアかつ高速の無線インターネット・アクセスを構内で提供する予定です。国内ホスピタリティー業界では他社に先駆けて、米国シスコ(NASDAQ: CSCO)の次世代802.11n技術のワイヤレスNを採用し、高速無線接続を提供しますので、宿泊客の皆様はいつでもどこでもどんな機器を使ってもインターネット・アクセスができるようになり、豊かな通信エクスペリエンスをお楽しみいただけます。

Kuala Lumpur, Malaysia , Dec 15, 2009 - (JCN Newswire) - マンダリンオリエンタル・クアラルンプールでは、ネットワーク・インフラのアップグレードを行い、高セキュアかつ高速の無線インターネット・アクセスを構内で提供する予定です。国内ホスピタリティー業界では他社に先駆けて、米国シスコ(NASDAQ: CSCO)の次世代802.11n技術のワイヤレスNを採用し、高速無線接続を提供しますので、宿泊客の皆様はいつでもどこでもどんな機器を使ってもインターネット・アクセスができるようになり、豊かな通信エクスペリエンスをお楽しみいただけます。

マンダリンオリエンタル・クアラルンプール総支配人のPierre Barthesは、今回の技術アップグレードが、お客様ニーズに耳を傾け対応しようというホテルの施策の一環だと述べています。

「ホテルでは、多数のコーポレート・ゲストや出張客の皆様に宿泊していただいています。この層のお客様には、インターネット接続が絶対に欠かせないという特徴があります。信頼性の高いアクセスをお客様が求めていることでも明らかなように、ホスピタリティー業界にとって重要なサービスであるインターネット・アクセスは、ビジネスやライフスタイルでも必須のツールとなっています。ホテル業界のイノベーションをリードしている弊社では、商品・サービスの継続的な向上に努めています。シスコの次世代無線技術の採用により、お客様ニーズに合ったレベルにまで、商品・サービスを向上させる準備が整うでしょう。」と、Barthesは述べています。

シスコの次世代802.11n無線ソリューションにより、マンダリンホテルの宿泊客は、信頼性の高い接続と広域の無線サービスエリアを利用することができるようになります。接続プラットフォームとしてネットワークを利用することで、宿泊客の皆様は、データ・音声・動画機能の利用など、さらに向上したエンドユーザー・エクスペリエンスをお楽しみいただけます。改修前のゲスト・ルームには、標準的な固定回線インターネット・アクセス設備があるだけで、無線接続はパブリック・スペースや会議室に限定されていました。このような接続では、特に動画など帯域幅の制約が高いリッチメディア・アプリケーションでの、スピード・安定性・品質が不安定でした。

マンダリンオリエンタルのネットワーク・インフラは、Cisco(R) Catalyst(R)スイッチ、無線LANコントローラー、Cisco Aironet(R)無線アクセス・ポイント、Cisco Integrated Firewallソリューションから構成されています。実装は、ITサービス・プロバイダーのI-Net Sdn Bhd.により行われます。

「シスコは、次世代無線技術の実装で、マンダリンオリエンタル・クアラルンプールと協業できることを光栄に感じています。インターネット接続は、個人にとっても企業にとっても、自宅でも職場でも、遊んでいても外出していても、どこでも使えることを期待されるような、第4のユーティリティーとなっています。ネットワークは、企業や経済全体を文字通り変革しうるプラットフォームとなっています。それこそが、マレーシアも含め世界各国で、ブロードバンドが政府の課題に取り上げられる理由です。」と、シスコ・マレーシアの代表取締役Anne Abrahamは述べています。

「われわれの役割は、ホテルの日常業務をできるだけ滞らせないようにしながら、新システムにスムーズに移行できるようにすることです。シスコのソリューションは、ホテルの既存ITインフラとシームレスに相互運用できますので、移行プロセスは短時間ですみます。」と、I-Net常務Joshua Ongは述べています。

マンダリンオリエンタル・クアラルンプールについて
マンダリンオリエンタル・ホテルグループは、世界最高級のホテル、リゾート、レジデンスを所有・運営する企業で、数々の賞に輝いています。マンダリンオリエンタルが現在運営または開発しているホテルは41ヵ所で、25ヵ国10,000室以上に上ります。そのうち17か所のホテルはアジアに、10ヵ所は南北アメリカに、10ヵ所はヨーロッパと北アフリカにあります。さらにグループでは、グループの不動産と隣接した場所で、マンダリンオリエンタルにより13ヵ所のレジデンスを運営または開発しています。

マンダリンオリエンタルの写真は、 www.mandarinoriental.com のメディアのセクションにある写真ライブラリーから、高画質および低画質でダウンロードできます。

I-Net社について
2003年に設立されたI-Net社は、大手ITサービス・プロバイダーのひとつで、本社はシンガポールにあり、事務所はマレーシア、インドネシア、タイ、中国にあります。包括的なITソリューション・スイート、システム・インテグレーション、保守、ITアウトソーシング、マネージド・サービスなどを提供しているI-Net社は、技術イノベーションの提唱者となるように努めつつ、最高の品位をもってすべてのお客様に最高のサービスをお届けしています。詳しい情報は リンク をご覧ください。

米国シスコについて
米国シスコ(NASDAQ:CSCO)は、人々のつながり・コミュニケーション・協力のあり方を変革するネットワークを提供する世界的大手企業です。シスコに関する情報は、 リンクにあります。最新のニュースは、 リンク を参照してください。マレーシアでのシスコ製品供給は、米国シスコの100%子会社であるCisco Systems International社が行っています。

Cisco、Ciscoのロゴ、シスコシステムズ、Catalyst、Aironet は、米国および他の国で、シスコシステムズ社および/またはその関連企業の登録商標または商標です。この文書に述べられている他のすべての商標は、それぞれのオーナーの所有物です。パートナーという言葉は、シスコと他の企業のパートナーシップ関係を示すものではありません。この文書は、シスコ社の公開情報です。

シスコの全ニュースを直接RSSフィードするには、以下のリンクの「News@Cisco」をアクセスしてください。
リンク

報道機関向けお問い合わせ先:
Supriya Addanki
Cisco
+65-63177145
suaddank@cisco.com

Lee Tiam Siang / Radiance Leong
Text 100 Malaysia
+603-22822152
tiamsiang.lee@text100.com.my /
radiance.leong@text100.com.my

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事