logo

セシオス、LDAP連携が可能なID管理ツール「LISM Administrator」をオープンソースとして公開

株式会社セシオス(東京都豊島区、代表取締役 関口薫)は、本日、オープンソースの統合ID管理ソフトウェアLISMのGUI管理ツール「LISM Administrator」をオープンソースとして公開しました。

LISMはActive Directoryやその他LDAPサーバのデータ、またデータベースを使用したシステム等のデータを統合的に管理するとともに、データの同期を行うことができるソフトウェアですが、管理者は設定やデータの管理を主にコマンドラインから行う必要がありました。
セシオスでは、LISM AdministratorをLISMとともに公開することで、管理者がGUIからLDAP連携の設定やユーザの管理を行うことを可能にし、LISMをより簡単に利用できるようにしました。


■LISM Administratorの機能
1.LDAP連携
GUIからActive Directory、OpenLDAP、Sun Java System DirectoryなどのLDAPサーバのID連携を簡単に設定することができます。
2.ユーザ管理
 ・ユーザの登録、変更、削除
 ・ユーザのパスワード初期化
 ・CSVファイルによるユーザの一括登録
 ・ユーザ一覧のCSVファイル出力
3.差分チェック
  システム間の差分データをチェックするとともに、差分データの同期も行います。
4.ユーザのパスワード変更Webインターフェース
  ユーザが自身のパスワードを変更することができます。パスワードの文字数、使用可能な文字を指定することもできます。
  また、オープンソースのソフトウェアトークンSecioss OTPのワンタイムパスワードを登録することもできます。


LISM AdministratorのライセンスはGPLと商用ライセンスのデュアルライセンスです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事