logo

テクノロジー企業成長率ランキング第8回「アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」発表

有限責任監査法人トーマツ 2009年12月11日 09時54分
From PR TIMES

日本企業のグリーが5位に入賞、アジアにおいても高い成長率を示す
―1位は中国のVancl (Beijing) Technology  売上高成長率 29,577%
―新しい成長分野、グリーンテクノロジー関連の企業がTop20に6社ランクイン

デロイト トウシュ トーマツ(以下DTT)(本部:ニューヨーク)は10日、アジア太平洋地域のTMT業界(Technology, Media & Telecommunications)における過去3年間の収益(売上高)成長率からなる成長企業500社のランキング、第8回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を発表した。

トップは、主に自社ブランドのネット販売とeコマースサイトの運営を手掛ける中国企業のVancl (Beijing) Technology で、売上高成長率29,577%と高成長率を実現し、昨年に引き続き中国企業の勢いが顕在。
また、日本企業は46社がランクインし、「日本テクノロジー Fast50」1位のグリー株式会社は2,636%の成長率で5位に入賞し、2003年以来の日本企業のトップ5入りを果たした。
ランキングの発表・授賞式は10日香港で開催され、日本企業も交え9カ国から250名を超える出席者で活気に満ち、国を越えた受賞企業同士のネットワーキングの場となった。

※参加国:オーストラリア、中国(香港・マカオを含む)、インド、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、台湾


<2009年 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500の上位10社>

1.Vancl (Beijing) Technology
 所在地:中国
 事業内容:衣料品ネット販売サイト(VANCLドットコム)を運営
 成長率:29,577%

2.High Power Opto Inc.
 所在地:台湾
 事業内容:赤、青、緑色LEDおよびLED用ウェハーの開発、製造
 成長率:7,240%

3.Xueda Education Technology Co., Ltd.
 所在地:中国
 事業内容:学習塾の指導員と生徒のマッチングサイトを運営
 成長率:2,738%

4.Gintech Energy Corp.
 所在地:台湾
 事業内容:単結晶および多結晶シリコン太陽電池セルの製作、販売
 成長率:2,709%

5.Gree Inc.(グリー株式会社)
 所在地:日本
 事業内容:ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」を運営
 成長率:2,636%

6.Neo Solar Power Corp.
 所在地:台湾
 事業内容:単結晶および多結晶シリコン太陽電池セルの製作、販売
 成長率:2,577%

7.Shanghai ChemPartner Co., Ltd.
 所在地:中国
 事業内容:新薬開発を行う製薬メーカーをサポートする治験企業
 成長率:2,448%

8.Shenzhen Easou Technology Co., Ltd.
 所在地:中国
 事業内容:携帯電話をベースとした検索エンジンを開発、提供
 成長率:2,402%

9.Young Fast Optoelectronics Co., Ltd.
 所在地:台湾
 事業内容:携携帯機器用のタッチパネルの製造
 成長率:2,056%

10.Moreens Co Ltd.
 所在地:韓国
 事業内容:プラスチック筺体と一体になった小型タッチパネルの製造
 成長率:2,003%

■Fast500ランキングは、リンク よりご覧いただけます。


<2009年度ランキングより>
・本年度の500社全体の平均成長率は361%と昨年の過去最高成長率であった707%からは後退した結果となった。国別のランクイン数を見ると、台湾が99社で昨年と同様に最多であり、続いて中国が97社と前年から25社伸ばし、好調を拡大している。日本からは46社で参加9カ国中7位の結果であった。

・ランキングを業種別にみると、ソフトウェア分野から163社、インターネット分野から78社、
半導体分野から76社、ネットワーキング分野から49社、バイオテクノロジー分野から44社、コンピュータ分野から41社、メディア分野から8社がランクインした。

・また、今年新設された太陽熱エネルギーなどの環境保全テクノロジーに関するグリーンテクノロジー分野では28社がランクイン、そのうち6社が上位20社に入る健闘ぶりをみせた。今後の成長分野として期待のできる領域であることがうかがえる。


<2009年 デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500を受賞した日本企業46社>
日本からは46社がランクイン。最上位は売上高成長率2,636%を達成したグリー株式会社(ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」を運営)の5位、その他、株式会社オアシスソリューション(独自技術オゾンアクア殺菌洗浄工法で水道管洗浄事業を展開)が812%で29位、ビックタウン株式会社(eコマースに特化したインターネット広告代理店など)が500%で62位を獲得した。



<デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500>
「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」は、アジア太平洋地域のテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション業界における企業の売上高成長率によるランキングを発表するもの。主な対象業界はソフトウェア、インターネット、コンピュータ(周辺機器も含む)、ライフサイエンス、コミュニケーション、セミコンダクター(部品・機器含む)、グリーンテクノロジー。直近3年間の売上高成長率を対象とする。
DTTの「テクノロジー Fast500」プログラムは、すでに1995年から北米で実施しており、ヨーロッパ、アジア太平洋地域においても最も急速に成長している企業500社の努力を讃え、成長中のテクノロジー企業の知名度を世界に高める支援を目的に、2002年から開始した。


■「アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」の詳細は、www.deloitte.com/fast500asiapac/ よりご覧いただけます。
【ご参考】第15回北米地域テクノロジーFast500 ランキングより www.deloitte.com/us/fast500/
     第9回EMEA地域テクノロジーFast500 ランキングより www.deloitte.co.uk/fast500emea/


Deloitte(デロイト)は監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスをさまざまな業種の上場・非上場クライアントに提供しています。Deloitte(デロイト)とは、スイスの法令に基づく連合組織体のデロイト トウシュ トーマツおよび相互に独立した個別の法的存在であるネットワーク組織のうちのメンバーファームのひとつあるいは複数を指します。デロイト トウシュ トーマツとメンバーファームの法的な構成についての詳細は、www.tohmatsu.com/deloitte/をご覧ください。


【本プログラムで開示されている情報について】
この情報は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、有限責任監査法人トーマツやデロイト トウシュ トーマツは、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したりまたは内容を保証したりするものではありません。




<内容に関する報道機関からのお問い合わせ先>

◆有限責任監査法人トーマツ 広報室 
担当:百瀬 旬 Tel: 03-6400-5676 (080-3538-9155)
E-mail: jun.momose@tohmatsu.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。