logo

(株)理経、IBM Lotus Notes対応 アクセリオン社製 大容量ファイル転送サーバーを販売開始

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳 勝栄)は、IBM Lotus Notesに対応したアクセリオン社(Accellion, Inc.、本社:米国カリフォルニア州、社長兼 CEO:ヨルゲン・エドホルム)製 大容量ファイル転送サーバー「Accellion AC シリーズ」の販売を開始することを発表いたします。

 この大容量ファイル転送サーバーは、電子メールシステムでは大きすぎるファイルを送受信するための専用サーバーです。旧製品ではファイル転送操作はWebブラウザから行っていましたが、新製品では多くの企業が電子メールシステムに採用しているLotus Notesから送信することが可能となります。これによりユーザは普段使い慣れているLotus Notesから何ら違和感なく大容量ファイルを転送できます。また、システム管理者によるユーザ向けの特別な教育は必要ありません。これにより管理コストを高めることなく、同じプラットフォーム上で社内外のユーザがファイルを転送することが可能です。

 さらに当社はAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を使用してLotus Notes専用のカスタマイズ、例えばメール承認プロセスの開発(メール送信前に上長から承認を受けるプロセスを組み込むこと)を可能にし、利便性の高いシステムを提供します。

 旧製品と同様に通信の暗号化、保存ファイルの暗号化、サーバー上のファイル保存期間を設定することにより信頼性を確保できます。社内に同システム機器を設置することで、大容量ファイル転送ウェブサービスの利便性を保ちつつ、FTP以上のセキュリティを実現することができます。


【特長】
・Lotus Notes対応
・1ユーザあたり最大20GBのファイルとフォルダを送受信可能
・FTPサポートが不要
・通信、保存ファイルの暗号化によるデータの安全性
・ファイル送受信管理を自動化
・ファイル送信時の配達証明の自動返送
・添付ファイルの処理が不要なため、電子メールサーバーの負荷が低減
・SOX、HIPAA、FDAに準拠
・ファイル監査証跡の実施
・LDAP/AD連携
・ウィルス対策


 当社は同システムを日本IBMのビジネスパートナー、並びにLotus Notesユーザへ積極的に販売いたします。



【アクセリオン社(Accellion, Inc.)について】
アクセリオン社は米国カリフォルニア州のパロアルトに本社を置くグルーバル企業で、オーストリア、シンガポールに拠点を置く、大容量ファイル転送ソリューションのパイオニア企業です。
顧客企業は、メディア・広告、法律事務所、製造、ヘルスケア、一般消費財、大学などの様々な分野に広がっています。 アクセリオン社製品を使用することで、企業のFTPサーバーを不要とし、エンドユーザとIT管理者の両方にとって使い易い企業向けファイル転送ソリューションを提供しています。
リンク

※記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。



【お問い合わせ先】
株式会社 理経
URL:リンク
◆製品紹介ページ:URL:リンク


本件について:ビジネスソリューション部 竹内
TEL:03-3345-2184(ダイヤルイン)
E-mail:bsd-sales@rikei.co.jp


営業全般について:企画開発部 内山
TEL:03-3345-2180(ダイヤルイン)


以 上

関連情報
http://www.rikeisec.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。