logo

「不便で面倒くさいけど、高セキュリティ」というのは、実はセキュリティが低い。三技協とIBE-NTがリモートアクセス分野で技術提携

株式会社三技協 2009年12月09日 19時00分
From ValuePress!

● リモートアクセス(※)の三技協 + ICカード認証のアイ・ビー・イー・ネット・タイム

株式会社三技協(本社:神奈川県横浜市都筑区、代表取締役社長:仙石 通泰、以下三技協)と株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム(本社:東京都中央区、代表取締役 橋本 晃、以下IBE-NT)は技術提携し、高セキュリティと手軽さを両立するリモートアクセス(※)パッケージ製品の開発・販売を行うことで合意しました。

※(注) リモートアクセス : 外部からインターネット経由で社内ネットワークに接続し、PCを遠隔操作する


● 提携の目的 - 高セキュリティにはつき物?の「不便」「面倒くさい」を解消

この度の技術提携の目的は、高セキュリティ環境にはしばしば付きまとう「不便さ」「面倒くささ」を解消することにあります。高セキュリティと手軽さとの両立は、結果的にセキュリティの維持確保をもたらします。システム上は堅固なセキュリティでも、利用に不便さが伴えば、ユーザーはセキュリティが低くなると知りつつ利便性を取る場合があるからです。



● 「ICカードで認証するには、PCの前にいなくてはいけない」という、「当たり前」をくつがえす

本パッケージ製品は、「ARCACLAVIS LOCKey (アルカクラヴィス ロッキー)」と「PlatformV System (プラットフォーム・ブイ システム)」を連携させたものです。セキュリティレベルを落とさず、かつ容易なリモートアクセスを可能にします。

【社内では】  ARCACLAVIS LOCKey  (提供: IBEネット・タイム)
・ ICカードを使い高セキュリティと手軽さを両立する、PCの画面ロック/ログオン認証製品

【社外では】  PlatformV System  (提供: 三技協)
・ USBを認証キーとして、安全なリモートアクセスをおこなうシステム
※ リモートアクセス中の社内PCは画面ロックされ、第三者による不正利用を防止します

従来のICカード等の認証システムでは、ユーザーは社内のPCの前で認証をおこなうため、当然ながらその場にいる必要があります。社外に出れば認証ができず、外部から接続するリモートアクセスは利用できません。このためユーザーは「社内での高セキュリティ」、「社外での利便性」のどちらかを諦めなければなりませんでした。本パッケージ製品はこのジレンマを解消します。



● 今後の展開

本パッケージ製品は、
・ パンデミックや大規模災害発生時のBCP(事業継続計画)対策としてのリモートアクセス
・ 平常時のPCセキュリティ・利便性向上
を両立する連携ソリューションとしても有効です。
両社では技術の提携のみならず、中小規模から大規模企業まで広く、共同で販売・販促活動を展開して行く予定です。



------------------------------------
関連リンク:


◆ 製品紹介
「PlatformV System(プラットフォーム・ブイ システム)」 について
リンク
リンク
「ARCACLAVIS LOCKey(アルカクラヴィス ロッキー)」 について
リンク

◆ 社外情報誌 『SGCレポート』
コスモ石油様のテレワーク導入事例 『SGCレポートvol.146』
リンク

◆ プレスリリース
「企業がすべきことは、実はシンプル」 三技協が取り組むインフルエンザ対策のOptimization(最適化)
リンク



------------------------------------


■ 株式会社 三技協について

社 名  :株式会社 三技協 ( リンク
代 表  :代表取締役 仙石 通泰
本 社  :神奈川県横浜市都筑区池辺町4509
設 立  :1965年4月1日
資本金  :2億9,660万円(2009年5月31日現在)
業務内容:
 『The Optimization Company』のスローガンの下、業務の「見える化」を図り、業務の効率化を実現するとともに収益構造も革新してきました。業務の「見える化」を実現する「オプティマイゼーションサービス」、その問題解決手法『Performance Break Through : PBT』、ナレッジマネジメントシステム『サイバーマニュアル』には、業界を問わず業務革新を求める数々の企業様から強い関心が寄せられています。
 また、仕事環境の「利便性」「安全性」の追求から誕生した、シンクライアント・ソリューションThinStickやSBC(サーバー・ベースド・コンピューティング)のソリューションであるPlatformV Systemの販売にも力を入れております。
 長年のコアビジネスとしては、衛星、無線、情報通信分野における独立系専門サービス企業としても、幅広い実績を有しています。
  1:情報通信設備の設計・施工、コンサルティング業務および情報通信機器の販売
  2:移動体通信に関するエンジニアリングおよびオプティマイゼーション業務
  3:マイクロ波通信・衛星通信に関するエンジニアリングおよび運用業務


■ 代表取締役社長 仙石 通泰について

1943年、中国東北地方(満州)瀋陽(旧奉天市白菊町)生まれ。慶應義塾大学商学部卒(在学中、米国サンホセ大学留学)。ソニーコーポレーションオブアメリカ勤務を経て、ソニープラザ取締役就任。ニーズを先取りした新しい輸入商品分野を確立。

1992年、先代仙石秀男の事業を継承し、三技協代表取締役社長就任。就任時における赤字体質脱却のため、様々な改革をおこなう。独自の業務分析手法「PBT(パフォーマンスブレークスルー)」及び社内の知恵・知識・ノウハウを蓄積するデータベース「サイバーマニュアル(CM)」を開発。経営の方針から現場作業の手順に至るまで全てを「見える化」「共有化」し、業務改革に生かすことで赤字体質の脱却に成功した。その後PBT・CMをさらに発展させ、経営と現場、双方を支援するシステム「Optimization-Ware」を開発。自社の経営改革に実践活用しつつ、企業経営の最適化支援としてサービス展開している。

生涯のテーマは経営の最適化「Optimization」。モットーは「楽しくなければ面白くない、面白くなければ楽しくない」。著書に『社員の「1行報告」が会社を変える - 「見える化」のオプティマイゼーション経営』(2007年/かんき出版)がある。シンポジウム・研究会等で「Optimization」についての講演をおこなう一方で、自身のブログ「Mitch’s Blog」( リンク )を鋭意執筆中。



■ 株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイムについて( リンク

アイ・ビー・イー・ネット・タイムは、最新の技術と業務ノウハウを駆使し、
1.情報セキュリティシステム及びソリューション製品の企画・開発・販売
2.上記事業に係る各種コンサルティング

を主な業務としています。

国内自社開発のセキュリティ製品『ARCACLAVIS シリーズ』を中核に、運用面に
重点をおいた製品開発と販売を行っております。

スタンドアロンでシンプルにセキュリティを高める『ARCACLAVIS LOCKey』、サ
ーバで一元管理が可能な多機能パッケージ『ARCACLAVIS Revo』などのICカ
ードソリューションや、USBメモリ、起動アプリケーションの利用制御を行う
『ARCACLAVIS Police』など、お客様の環境や運用に合わせたセキュリティソリ
ューションの開発、販売を行っています。



【本件に関するお問い合わせ先】

【株式会社三技協】
担当: オプティマイゼーションセンター 梶・新井・矢島
TEL: 045-930-2540
FAX: 045-930-2607
E-mail: eigyoug@sangikyo.co.jp

【株式会社アイ・ビー・イー・ネット・タイム】
担当: 営業本部 営業2部
TEL: 03-5656-5502
FAX: 03-5656-5515
E-mail: sales@ibe.nettime.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事