logo

処方薬も市販薬も、238社1万6182製品(本日現在)の情報を毎日更新、「日本最大級の総合お薬検索サイト」(無料)誕生

 日本最大級の病院検索サイトQLife(リンク )など医療情報サイトを複数運営する株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内 善行)は、セルフメディケーション・データベースセンター(所在地:東京都港区、代表者:上原 明(大正製薬株式会社・代表取締役社長))の協力で、このほど日本最大規模のOTC医薬品の検索紹介コーナーを開始した。「添付文書」(副作用や使用上の注意の詳細などが分かる正式文書)も閲覧可能。
 URLは、リンク
 これにより、従来から掲載していた処方薬データとあわせて238社・1万6182製品(本日現在)を掲載し、かつ毎日データ更新される「日本最大級の総合お薬検索サイト」が生まれた。



最近の薬事法改正により第1類、第2類、第3類と分類され、後者2種については購入できる店舗が一気に広がった。また、不景気の影響で医療機関を受診する余裕がなくOTC医薬品で済ませるケースも増えている模様だ。さらには、“セルフ・メディケーション”の言葉通り、自分にあう医薬品を選ぶためには「そもそも、どんな選択肢/違いがあるのか」を生活者側が事前確認することが、薬剤師や登録販売者との対話を充実させる上で好ましい。

こうした事情から今後は、医薬品の購入前後に製品確認したい人が増えると予想される。今回のQLifeのOTC医薬品情報の搭載は、このニーズに応えるもの。

他にもOTC医薬品情報の掲載サイトはあったが、収録製品数が乏しかったり(QLifeの3分の1程度)、更新頻度が低く(年1回程度)新発売情報がなく、さらには「添付文書」(副作用や使用上の注意の詳細などが分かる正式文書)も付いていないことが、ほとんどであった。

一方でQLifeは、従来の医療用医薬品(≒処方薬)の検索サイト運営ノウハウを蓄積してきたため、上記問題を解消したうえで、検索など利用勝手が格段に良いデータベースシステムを構築した。

【市販薬検索コーナー(新設)の特徴】

●OTC製薬会社約150社、8,000製品を網羅
●毎日更新(新発売製品もすぐにアップデート)
●約8,000製品の70%が写真付き、しかもクリックすると高解像度画像が出現
●副作用情報などが詳しく記載された「添付文書」も閲覧可能
●使いやすさで好評のサジェストエンジン(語彙予測&入力支援機能)を搭載し、素早く目的のお薬を特定可能
●ブランド名だけでなく、メーカー名や症状、効能、JANコードなど多彩な検索が可能
●医療用医薬品(≒処方薬)との同時並列検索も可能
●「のどの痛み」「目のかゆみ」といった文章検索も可能
●掲載情報は「セルフメディケーション・データベースセンター」が編纂した信頼あるデータを使用


※OTC医薬品=正式には「一般用医薬品」とよばれ、「市販薬」あるいは「大衆薬」ともよばれる。医師の処方なく、薬局店頭で購入することができる。

※医療用医薬品(≒処方薬)の掲載データは、以下のリリースをご参照。
リンク


────────────────────────────────────────
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名: 株式会社QLife(キューライフ)
所在地: 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者: 代表取締役 山内善行
設立日: 2006年(平成18年)11月17日
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL: リンク

<セルフメディケーション・データベースセンターの会社概要>
会社名: セルフメディケーション・データベースセンター
所在地: 〒108-0022 東京都港区海岸3-26-1 バーク芝浦12F
株式会社プラネット内
代表者: 上原 明 (大正製薬株式会社・代表取締役社長)
設立日: 2000年7月
事業内容: OTC医薬品、指定医薬部外品、医薬部外品等の商品コード及び付随する
商品情報・添付文書・説明文書の収集・管理・提供。
設立理念: 会員共通の利益を増進し、OTC薬品業界の健全な発展を図ることを目的として
いる。
────────────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife 広報担当
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.jp
────────────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。