logo

「こどもちゃれんじ」×カゴメ共同企画 子どもに食べる楽しさを伝える食育応援ウェブサイト 「おやこのニコニコ食卓」を12月1日よりオープン

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、社長:福島 保、以下:ベネッセ)の幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」とカゴメ株式会社(社長:西 秀訓、以下:カゴメ)は、2009年12月1日(火)より、幼児期の子どもに食べる楽しさを伝える食育応援ウェブサイト「おやこのニコニコ食卓(リンク)」を、パソコンおよび携帯で共同展開します。自宅で手軽に、親子のコミュニケーションを育みながら、楽しく食育に取り組めるサイトです。



「こどもちゃれんじ」とカゴメでは、幼児期の楽しい食事の体験が、子どものよりよい食習慣につながっていくこと、また、好き嫌いや野菜嫌いといった子どもの食の悩みの改善につながることに着目し、今回の共同ウェブ企画が実現しました。本サイトでは、「見た目にも楽しいレシピ」や「食卓を楽しく飾るアイデア」、「お手伝い体験の提案」、また、「こどもちゃれんじ」のメインキャラクター「しまじろう」と一緒に遊べる食育ゲーム、食習慣を応援する「しまじろう」からの声かけサービスを提供するなど、親子の食卓をより楽しくするきっかけづくりやすぐに使える役立ち情報を発信します。また、親子の楽しい食卓作りを応援するキャンペーンとして、カゴメ商品詰め合わせとオリジナルしまじろう型カップ(2個)、レシピブックを、本サイトを通じて毎月抽選で100名様にプレゼントします。「こどもちゃれんじ」とカゴメは、親子の楽しい食卓を通して、これからも子どもたちに食べる楽しさを体験いただけるよう、さまざまな提案を行う予定です。

<共同ウェブサイト概要>
■名称:「おやこのニコニコ食卓」
■コンテンツ
【パソコンサイト】
「食育ゲーム」「ニコニコレシピ」「食卓を楽しく飾るアイデア」「お手伝い体験」など。
<特長>ゲームを活かした食育体験
「しまじろう」と一緒に遊びながら学べる3種類のゲームコンテンツを提供。具体的には、お弁当づくりを通じ、栄養バランスを考えたり相手を思いやる気持ちを育む「しまじろうの おべんとうづくりに ちょうせん」や、食事の材料を買いに行くなかで、色々な食材に触れる「しまじろうの かいものに ちょうせん」などがあります。
【携帯サイト】
「しまじろうの声かけ 無料ダウンロード」「食育おはなし」「ニコニコレシピ」など。
<特長>「しまじろう」の声かけで、子どもの食べる意欲を引き出します。
携帯サイトの中には、実際の食卓でも使えるように、しまじろうの音声を無料ダウンロードできるコーナーがあります。「ごはんが できたよ いっぱい たべよう!」など、「しまじろう」が声かけをすることで、子どもの食べる意欲を引き出します。

■URL: リンク (パソコン、携帯版とも共通)
■開設日:2009年12月1日(火)
■プレゼントキャンペーンについて:
・内容:ご応募いただいた方の中から毎月抽選で100名様に、以下をプレゼント。
・プレゼント/セット内容:
 1. カゴメ商品詰め合わせ(カゴメトマトケチャップ、基本のトマトソース、野菜生活100、などの調味料・野菜飲料のセット)
 2. ベネッセオリジナルプレゼント(オリジナルしまじろう型カップ2個、おやこニコニコレシピBOOK1冊)
・応募方法:本WEBサイトより応募いただく。
・応募締切と商品発送について:毎月15日締め切り抽選の上、当選者に毎月月末頃発送します。
※初回月(2009年12月分)のみ、締切日を2010年1月15日とし、当選者には1月末日ごろ発送予定。

■お問合せ先:<こどもちゃれんじ>
【フリーコール】0120-55-4103 (10:00~20:00、日・祝を除く)


【ご参考】
<「こどもちゃれんじ」について>
ベネッセが1988年に開講した、6歳までの就学前の子どもを対象にした会員制通信講座とその関連事業のブランドです。
中心となる通信講座は、キャラクターの「しまじろう」と一緒に、考える楽しさや自分でできる喜びを育む教材を使い、生活習慣や知的好奇心、知育などのテーマを年齢ごとの発達段階に応じて取り組めるような内容です。年齢別に6つのコースに分かれており、2009年4月の受講者数は122万人(対象年齢人口の約1/5)、また延べ在籍数(各年4月から3月までの月次在籍数の累計)は、2009年3月期時点で1,425万人です。
周辺事業では、音楽CD・DVDの発売の他、コンサートや、遊戯施設の展開などがあります。また、「しまじろう」が登場するTVアニメの放映も1994年より継続しており、アニメ番組の中でも屈指の長寿番組になっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事