logo

特別職を含む職員給与及び議員報酬等の減額改定の実施について

 箕面市では、景気の急激な悪化を背景に今年度実施された人事院及び大阪府人事委員会の給与改定勧告の内容並びに民間の状況等を踏まえ、特別職を含む職員給与及び議員報酬等の減額改定を実施するための条例案を11月30日の市議会定例会に上程し、可決されました。

 今回の改定により、市長など特別職の給料月額及び議員の報酬月額を平均0.3%減額し、期末手当の年間支給率を0.35月分引き下げ、本年12月1日から実施します。
 また、一般職の期末・勤勉手当の年間支給率を0.35月分引き下げ、本年12月1日から実施するとともに、給料月額の平均0.2%減額及び住居手当の一部廃止を、平成22年4月1日から実施します。
 これらにより、年間の削減効果額は約2億8327万円となる見込みです。
 なお、厳しい財政状況に鑑み、現在、本市独自に実施している給料等の減額措置についても、引き続き実施していきます。


【特別職及び一般職の職員給与について】
問い合わせ先:総務部 職員課
TEL 072-724-6707(直通)

【議員の報酬等について】
問い合わせ先:議会事務局 総務課
TEL 072-724-6705(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事