logo

「有力企業のトップが語る 2010年のネット新潮流」

~グーグル辻野社長、ミクシィ笠原社長、サイバーエージェント 藤田社長が登壇。先端技術の開発に取り組むネットベンチャーに よるパネルディスカッションも実施!~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社日経BP(代表取締役社長 平田 保雄  東京都港区)主催のエグゼクティブセミナー「有力企業のトップが語る 2010年のネット新潮流」の申し込み受付を開始いたしました。

報道関係者各位

平成21年11月26日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「有力企業のトップが語る 2010年のネット新潮流」を販売開始

~グーグル辻野社長、ミクシィ笠原社長、サイバーエージェント
藤田社長が登壇。先端技術の開発に取り組むネットベンチャーに
よるパネルディスカッションも実施!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社日経BP(代表取締役社長 平田 保雄  東京都港区)主催のエグゼクティブセミナー「有力企業のトップが語る 2010年のネット新潮流」の申し込み受付を開始いたしました。

詳細ページ: リンク


■■ 商品概要 ■■

◇世界最大の検索サイト「Google」、動画投稿共有サイト「YouTube」はどう進化する?
◇国内最大手のSNS「mixi」を活用した最新のマーケティング施策とは?
◇国内最大のブロガー数を誇る「Ameba」が目指すクチコミマーケティングの今後の展望とは?

 費用対効果を高めるために、大きな期待がかかるネットマーケティング。ネットは進化を続けるメディアで、次々と新しい技術、サービスが登場し、一つひとつを追いかけてはキリがありません。マーケッターは大きな潮流を読む必要があります。
 そこで、日経ネットマーケティングでは、有力企業のトップが集結し、2010年の見通しを語るセミナーを企画しました。御社の今後のネット施策や方針を決める絶好の機会です。ぜひ、お申し込みください。


■■ セミナー詳細 ■■

主催者あいさつ 13:30~13:35 日経BP社 ベンチャー・サービス局 局長 渋谷和宏
講演1 13:35~14:15
グーグルが目指す次世代マーケティングプラットフォーム

動画を介したコミュニケーションで購買意欲の喚起にも活用できる動画投稿共有サイト「YouTube」、購入や資料請求といった成約までの費用対効果を徹底的に追求できる検索連動型広告と提携サイトへの広告配信を実現する「AdWords」。グーグルはこの2本柱を軸に、中小広告主からナショナルクライアントまで幅広い支持を集めています。こうした支持は、検索、動画共有サービスといった画期的で質の高いサービスがあってこそ。そのグーグルは2010年、どのようなサービスを開発し、どのような価値をマーケッターに提供しようとしているのでしょうか。最新事例も交えながら、グーグル代表取締役社長の辻野晃一郎氏が語ります。

グーグル代表取締役社長
辻野晃一郎氏
プロフィール
慶応義塾大学で工学士号および工学修士号を取得、また、カリフォルニア州カリフォルニア工科大学で工学修士号を取得。Google 入社以前は、ソニー株式会社にて VAIO PC 事業創業期の事業責任者を務めたほか、ホームビデオ、パーソナル オーディオ等のカンパニープレジデントを歴任。2007 年 4 月に執行役員製品企画本部長として Googleに入社し、検索サービスやアプリケーションの日本におけるサービス展開全般を統括した後、2009 年 1 月、代表取締役社長に就任。

講演2 14:15~14:55
プラットフォーム展開で強まるメディア力、mixiが描く次の一手

国内最大手のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「mixi」は2009年、第三者がmixiを活用したサービスを開発できるプラットフォーム展開を開始しました。その象徴が「mixiアプリ」。外部企業・個人が自由にmixi上のサービスを開発し、「マイミク」の人間関係を利用してユーザーを広げていくことができます。中には、1カ月で100万ユーザーを獲得するアプリも登場。先進企業によるマーケティング活用も始まっています。モバイル対応により、さらに活用の可能性が広がっています。ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏に最新状況や、2010年への展望を語っていただきます。


ミクシィ代表取締役社長
笠原健治氏
プロフィール
1997年、大学のゼミで学んだITビジネスのケーススタディや、当時米シリコンバレーにおけるインターネット・ビジネスの興隆に触発され、同年11月、求人情報サイト「Find Job !」の運営を開始。99年6月に法人化し、代表取締役就任。2004年2月、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「mixi」を開始。06年2月、社名を「株式会社ミクシィ」と変更し、同年9月に東京証券取引所マザーズ市場に上場。「mixi」のユーザー数は1741万人(2009年6月30日現在)を超えており、現在も増加し続けている。東京大学経済学部 経営学科卒業。1975年 大阪府生まれ


特別対談 15:05~15:45
広がるAmebaの世界、ブログを超える新メディアへ

国内最大のブロガー数と、圧倒的な数の著名人ブログを誇り国内有数のインターネットメディアへと成長した「Ameba」。ブログをプラットフォームとしながら、仮想空間やゲーム、コミュニケーション機能など、提供するサービスの幅は大きく広がっています。2010年にAmebaが目指す姿とは何か?マーケッターに提供できる価値は何か?また、クチコミマーケティングのあり方や今後の展望とは?日経ネットマーケティング編集長の渡辺博則が、サイバーエージェント代表取締役社長CEOの藤田晋氏に鋭く迫ります。

サイバーエージェント代表取締役社長CEO
藤田晋氏
プロフィール
1973年5月16日福井県生まれ。97年3月に青山学院大学経営学部を卒業、 同年に株式会社インテリジェンス入社。98年3月に株式会社サイバーエージェントを設立、同社代表取締役社長就任。2000年3月東京証券取引所新興企業市場マザーズに上場。株式会社サイバーエージェントは「Ameba」をはじめ、PCやモバイルなどにおけるインターネットサービスを運営・提供する。インターネットメディア事業及びインターネット広告代理事業、Ameba関連事業、投資育成事業を軸に事業展開をするインターネット総合サービス企業として、「21世紀を代表する会社を創る」を会社のビジョンとしている。ブログ「渋谷ではたらく社長のアメブロ」リンク


休憩 15:45~15:55


パネルディスカッション 15:55~17:05
「201X年のネットはどうなる?新進気鋭ベンチャーによるネットの未来討論会」

有効なネットマーケティング施策は、ネット技術の環境変化に伴い大きく変わります。例えば、検索エンジンマーケティングの進化、CGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)の台頭などはマーケティング手法を大きく変えました。
ではこの先どんな変化が待ち受けているのでしょうか。注目すべき1つの動きが「現実とネットの融合」でしょう。音声認識・合成や画像認識技術の進化で、ネット上での疑似対話、リアルに近い交流を実現できる可能性が高まっています。
また、直近の話題はマイクロブログサービス「Twitter」やソーシャルアプリケーション「mixiアプリ」の普及でしょう。この先、CGMの世界もさらに変わりそうです。
本パネルディスカッションでは、そうした最先端のネット関連技術・サービスを開発する企業にデモンストレーションをしてもらい、マーケティング適用の可能性を探っていきます。

●パネリスト
カタログ 代表取締役 清水 勇樹氏
グルコース 代表取締役 安達 真氏
モーションポートレート 代表取締役 藤田 純一氏

●モデレーター
スケダチ 高広伯彦事務所 コミュニケーションプランナー/広告ビジネスコンサルタント 高広 伯彦氏


■■ 商品概要 ■■

資 料 名:有力企業のトップが語る 2010年のネット新潮流
開 催 日:2009年12月22日(火)13:30~17:05 *受付は13時開始予定
場   所:東京コンファレンスセンター・品川
     (リンク
      地図
     (リンク
主   催:日経ネットマーケティング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
価   格:■20,000円(本体19,047円+消費税953円)
割引のご案内:日経ネットマーケティングの定期購読者は、50%OFFの10,000円(税
込)でご購入できます。


◎お申込み後の変更、キャンセルおよび欠席について
セミナー当日の3日前までに書面など確認が容易な方法でご連絡ください(ご連絡先は申し込み後に、郵便でお送りする受講証に記載しております)。

それ以降の変更、キャンセルはお受けいたしかねます。やむを得ず欠席される場合でも、受講料は返金いたしかねますのでご了承ください(代理の方の受講は可能です)。

◎日経ネットマーケティング 読者価格でのお申し込みについて
読者価格でのお申し込みには「905」から始まる10桁の読者番号が必要になります。

読者価格でお申し込みいただけるのは、読者ご本人1名様のみです。日経ネットマーケティングの年間購読をお申し込みいただいた方のお名前でお手続きください(代理の方の受講は可能です)。

日経ネットマーケティングの年間購読お申し込みの確認が弊社にてできない場合、あらためて確認のご連絡をさせていただく場合があります。
同じ会社又は部門から複数名で受講希望の場合は、2名様分からは一般価格にて個人様毎にお申し込みください。


詳細ページ:リンク

【お申し込み方法】
当セミナーは、日経ネットマーケティング主催となります。
セミナーのお申し込みは、弊社でなく日経BP社へのお申し込みとなりますので予めご了承ください。
お申し込み後、受講券及びご請求書は日経BP社よりお送りします。
下記よりお申し込みお願いします。
(日経BP社の受講申し込みサイトへリンクします)

リンク


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-3549-0221
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。