logo

アプリケーション向け汎用暗号化ツール、「Application Protector」リリース

~データ取込ポイントでの暗号化で情報漏えいを防止~

株式会社MONET(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前野泰章)は、米国Protegrity社(本社:コネチカット州スタンフォード)のアプリケーション向け汎用暗号化ツール「Application Protector」の日本国内でのリリースを発表しました。

「Application Protector」は、APIを経由しPEP(Policy Enforcement Point/暗号化)サーバで暗号化を行います。実績のある暗号化ロジックをAPIに集約して提供することで、中間データや蓄積データ、ファイルが暗号化されます。万一、ハッキング被害を受けた場合でも、侵入者は解読することができず、情報が守られます。


暗号化/復号化機能がAPIで提供されているため、アプリケーション・ベンダーにとっては、開発コストの削減に繋がります。また、統合管理機能によって、ユーザのグルーピング、及び対象グループごとの鍵の使用権限などを中央から一元管理できるため、各拠点の管理者による個別管理が不要となり、管理コストの削減にも繋がります。


暗号化アルゴリズムには、標準としてのAESの他に3DESを採用しています。
※AESは2000年に米国政府が新標準として採用した暗号化アルゴリズムで、暗号の強度・スピード共に高く、安全性が高いと考えられています。


「Application Protector」は、全米に巨大なネットワークをもつ販売店のPOSシステムへの組み込みなど、PCI DSSを中心としたコンプライアンス対応への需要から、既に多くの導入事例を持っています。POSシステムにおいては、入口であるデータ取込ポイントから情報のすべてを暗号化することで情報漏えいを防止します。MONETは日本においても同様に、POSシステムを中心とした分野での需要を見込んでいます。


「Application Protector」の特徴
●実績のある暗号化アルゴリズム(AES、3DES)のAPIを提供
●開発者の負担を軽減
●統合管理システム(Security Manager)による暗号鍵・セキュリティポリシーの一元管理
●難しい鍵管理を大幅に簡素化する統合管理システム
●VPDisk(サーバ用暗号化ソフト)及びDPS(DBカラム暗号化ソフト)との連携
●組込機器から汎用機まで含めた幅広い導入実績


導入対象
情報KIOSK端末、チケット予約・発券システム、医療システム etc.


標準価格
オープンプライス


動作環境
対応OS: Linux(x64), HP-UX(11以上), Unixware(x86), Windows(x86/x64), Solaris 8,9,10(SPARC), AIX, zOS
言語環境: C/C++, Java
暗号化アルゴリズム: AES(128bit, 256bit), 3DES(168bit)


お問合せ先
株式会社MONET
ソリューション事業部 営業部
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-5 石川興産ビル4F
TEL:03-5256-5171 FAX:03-5256-5172
Email:sales@monetz.com
H P:www.monetz.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。